編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス
 リゾート満喫編 モーリシャスを100%楽しもう
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス
 リゾート満喫編 モーリシャスを100%楽しもう

「地球の歩き方」ライター 工藤 綾
モーリシャスを100%楽しもう
 どのエリアで過ごす?
モーリシャスの観光・リゾートエリアは、いくつかの地域に分けることができます。それぞれの地域が独立していて、場所によって楽しみ方も様々。何をしたいか、どの様に過ごしたいかで滞在エリアを決めるのがおすすめです。
1:首都ポート・ルイス周辺 島の中心地。モーリシャスの歴史を体感できる博物館やテーマパークめぐり、モーリシャスの人々の日常に触れられる中央マーケットでの買い物など、観光に最適なエリア。リゾートホテルでの優雅なひと時を離れて、活気づく庶民的な日常をのぞきに出かけてみても。
2:島北西部グラン・ベ周辺 かなり狭い地域ながらも島一番のリゾートエリア。外国人観光客向けのホテルやショップなど施設が充実しています。クルージングやヘリコプターツアーなどちょっと贅沢なアクティビティも楽しめます。大人のバカンスに最適なロケーションです。
3:島の東部トルゥ・ド・ドゥス周辺 隠れ家的とも言えるリゾートエリア。名所らしいものはほとんどありませんが、それぞれのホテルから眺める海の美しさと、地元住民の素朴な生活を身近に感じることができます。観光地の雑踏は遠慮したい、静かにバカンスを過ごしたいという方におすすめです。ここからは人気の高いイル・オ・セルフへのカタマラン・ツアーがおすすめです。
4:島の中央部キュールピップ周辺 モーリシャスの高原地帯にあり一番美しい街と呼ばれる、キュールピップ。エレガントな歴史的建造物が残る街並みを散策したり、高原の緑豊かな大自然に触れたりと楽しみ方はいろいろ。ビーチから離れてのバカンスを楽しみたい方はぜひ訪れてみて。
5:島の西部フリッカン・フラック周辺 サンセットが美しいビーチリゾート地。高級ホテルから手頃なゲストハウスまで幅広い価格帯の宿泊施設が揃っています。ビッグ・ゲーム・フィッシングや野生動物ウオッチングが楽しめ、内陸の美しいブラック・リバー渓谷観光でも人気が高まっているエリアです。
6:島の南部マエブール周辺 モーリシャス国際空港があるエリア。深い青が美しい湾「ブルー・ベイ」をはじめ、グラン・ポール湾を一望できるライオン山や、モーリシャスでは珍しい絶壁と荒波の風景が臨めるル・スフルール、ミニ版ナイアガラとも言えるロチェスター滝など見どころ満載です。

モーリシャスを100%楽しもう
 「何もしない休日」も、もちろんあり
モーリシャスで何より楽しめるのが、「日常から離れた、ゆったりとした時間」
旅のスケジュールをぎっちり詰め込むことなく、気ままに過ごすという幸せを味わうには絶好のロケーションです。高級リゾートホテルで細やかなサービスを受け、レストランで美味しい料理を堪能し、ホテルの目前に広がる美しいビーチを眺めて過ごす。そんな贅沢な時間の使い方も、ここモーリシャスならではのリゾートスタイルと言えるかもしれません。

マーケットに並ぶお土産■マーケットは活気に富んでおり、喜ばれそうなお土産がたくさん


白く泡立つ滝

大空を漂うパラセイリング■イル・オ・セルフへのツアーでは、BBQ、滝、スノーケリング、パラセイリングなど、様々なアクティビティが楽しめる


このシップは見事だ

電球に入ったシップ■キュールピップでは、観光がてら市内のモデルシップ工場へ行くのもいい。本格的な物から、電球に入ったお土産にもってこいのシップまでが揃う


七色の大地

シャレマルの滝■人気のある観光スポット、シャレマルの七色の大地と滝は必見


朝日を見ながら飲む■モーリシャスの朝はのんびり。早起きをしてしまったら、のんびりモーリシャスラムを飲みながら、朝日をみるのもいい



こちらも好きかも

神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス 旅行準備編パート2

神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス
 旅行準備編パート2

神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス 旅行準備編パート1

神すらも憧れたインド洋のパラダイス モーリシャス
 旅行準備編パート1