編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > パプアニューギニアへの直行便増発で 土発水帰も可能に
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

パプアニューギニアへの直行便増発で 土発水帰も可能に

「地球の歩き方」プロデューサー:くまひの
南太平洋にあるパプアニューギニア。 青い海と緑の島、熱帯のジャングル、多様な人種、表現し得ない文化、極彩色の鳥や蝶。 こういったイメージはすぐ浮かんでくる。また、太平洋戦争を知る者は、激戦の地という悲しい歴史を思うかもしれない。 南緯零度から10度のメラネシアにある、世界で二番目に大きな島。 われわれがいまだかつて見たことがないばかりか、ありたけの想像力をふりしぼっても及ばない驚異の世界がここにある。 “Wantok”=同じ言葉を話す者どおし の扶助精神、成人男子の通過儀礼、有袋類を超える動物のいなかった世界に持ち込まれた豚が持つ特別な存在感、飛行機を「機械の鳥」と崇める招神信仰…。 日常を大きく変えてしまうパワーなら間違いなく世界一だ。 そんなパプアニューギニアへの道は、意外にも近い。成田からわずか6時間半だということを、ご存知だろうか。 しかもこの春、2010年3月31日より、これまで週1便だった直行便が、水曜・土曜と週2便へと増便する。土曜日に出発し翌週の水曜日に帰国する3泊5日の旅も可能となるわけだ。 山に登る、海に潜る、祭りを見る、食を楽しむ。 精霊たちに抱かれ、人類が歩んできた道筋を夢見てまどろむ。 他では決してできない旅。 ゴールデンウィークや夏休みを待たず、この春休みにも行ける「地球の揺りかご」を巡る旅。 こんな素敵な旅のプラニングには、ニューギニア航空のサイトを。 ただいま直行便増便を記念して航空券などが当たるキャンペーンを展開中だ。
■キャンペーンDATA ●実施期間  2010年2月6日(土)〜2010年3月14日(日) ●賞品  成田〜ポートモレスビー間 往復航空券   5組10名様  ニューギニア航空 オリジナルTシャツ   10名様 ほか
URL:ニューギニア航空
■フライトスケジュールDATA 成 田    21:05(土曜)  21:25(水曜)  ↓PX055便  ↓       ↓ ポート    04:30(日曜)  04:30(木曜) モレスビー  ポート   モレスビー  14:15(土曜)  14:35(水曜)  ↓PX054便  ↓       ↓ 成 田    19:55(土曜)  20:15(水曜)赤文字が増便(2010.3.31〜)
▼パプアニューギニアのすべてがわかる完全ガイドブックがこれだ 『地球の歩き方 GEM パプアニューギニア』
パプアの正装■コスチュームの素材は昆虫や鳥
パプアの正装
森林に覆われる島■珊瑚礁に囲まれた島は深い森林に覆われる
集落■青と緑の世界に浸って稲作の起源も考える
ニューギニア航空機影■ニューギニア航空機 機影
ニューギニア航空機内■機内はすでにメラネシア
ただしフライトはわずか6時間半だ
ニューギニア航空ロゴ

こちらも好きかも