編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 新刊「バングラデシュ」発行記念! 外輪船で行く川の旅
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

新刊「バングラデシュ」発行記念! 外輪船で行く川の旅

「地球の歩き方D35 バングラデシュ」編集担当:水野 純
2010年10月1日、地球の歩き方シリーズ久々の新刊『バングラデシュ11-12』が刊行されます。それを記念して、ベンガルデルタの大河をゆったりと移動する外輪船の旅をご紹介しましょう。

ここでご紹介するのは、首都ダッカとバングラデシュ南西部のデルタ地帯にある都市クルナを結ぶ定期航路。全行程の所要時間は約26時間30分。「長い」「退屈」とお思いかも。しかしそんなことはまったくないんです。

この路線に就航しているのは、ロケット・スチーマーと呼ばれる外輪船。観光用ではなく公共交通として就航している外輪船は、世界でも珍しいのでは。しかも1930年代に建造された、趣きのある骨董船です。現在はディーゼル機関に換装されていますが当初は蒸気機関で動いていたため、ロケット・スチーマーと呼ばれているそうです。こんな古い外輪船に乗るだけでも珍しい体験でしょう。

この船旅にはそれだけではないメリットがあります。船室を取れば清潔なベッドが手に入り、プライバシーも確保できるのです。1等船室には外向きの窓があり、船首に1等船客専用の展望デッキもあって、川の両岸に広がるベンガルデルタをゆっくり眺めることもできます。どこへ行っても喧騒が渦巻くバングラデシュで、なかなか得ることの難しい貴重な時間と言えるでしょう。

この路線に就航している船は4隻あって、どれもほぼ同じ構造。上下二層で下層中央部に機関室とクルーの船室があり、船首部分には売店とベンチ、船尾部分には3等船客用のトイレと小さなデッキがあります。上層は居住用デッキで、前部半分ほどが1等船室とダイニングルーム、中央やや後ろ寄りに吹きさらしの3等デッキがあり、最後部には2等船室が並びます。上層最前部は1等船客用の展望デッキです。船室はツインベッドの個室で1等はエアコン付き、全室外向きの窓と小さな洗面台があります。2等は同じ造りでエアコンなし、窓のない部屋もあります。3等は船室ではなく吹きさらしのデッキ。トイレは各クラス内で共用、シャワーはありません。

1等には専用のダイニングルームがあり、食事時間が近づくとボーイが注文を取りに来ます。料理はカレーのセットメニューで、ボリュームもあります。紅茶やスナックは随時注文でき、客室や展望デッキにも運んでもらえます(食事や飲み物は有料で運賃とは別料金。下船前にまとめて清算する。食料は持参も可)。

バングラデシュの旅は、人波に揉まれる旅でもあります。どこへ行っても向けられる人々の好奇の視線、なにかと声をかけられ、写真をとっていいかと言われる前に携帯で撮影され、次々に握手を求められ……。「おおこれぞ旅の醍醐味」と喜んでいられるのも最初のうちだけで、それが続くとやがて「少しほっといて」「声かけないでほしい」「静かに暮らしたい」と思うようになります。そんなとき、流れ行く景色を眺めながら過ごす船室や展望デッキでのひとときは、何ものにも代えがたい安らぎを与えてくれるでしょう。

■DATA
ロケット・スチーマー
国営水運会社 BIWTC (Bangladesh Inland Waterway Transport Corporation)が、マスッド号 P.S.Masud、オストリッチ号 P.S.ostrich、レプチャ号 P.S.Lepcha号、テルン号 P.S.Tern の4隻を運用してダッカとクルナの間を週6往復(ダッカ発金曜が運休)
ダッカ 18:00 発→クルナ 20:30 着
(到着は遅れることも多い)

最近では船が老朽化し、メンテナンスのための運休も増えています。週2便程度しか運行されないケースもあるのでご注意下さい。運行状況はBIWTCオフィスで確認を。

BIWTC
所在地:
 5 Dilkusha Commercial Area, Motijheel
TEL:
 (02)9555031〜33
FAX:
 (02)9563653
URL:
国営水運会社 BIWTC
料金:
 1等船室1190Tk、2等船室720Tk、3等(デッキクラス)180Tk。
 1等と2等の船室はツインベッドで、ひとりで利用する場合も全額支払いが必要。知らない人と相部屋でもよければ半額。
 デッキクラスは屋根があるだけの吹きさらしの甲板。

出航を待つロケット・スチーマー■ダッカのショドル・ガット(船着場)で出航を待つロケット・スチーマー

窓付きの1等船室■1等船室は窓付き。ベッドには清潔なシーツが敷かれている

1等のダイニングルーム■古色蒼然とした1等のダイニングルーム。両側が船室になっている

3等(デッキクラス)の様子■3等(デッキクラス)の様子。甲板に雑魚寝

下層にある売店■下層には売店も。スナックが買え、お茶が飲める

夕食のカレー■夕食の一例。カレー3種(ゆで卵、チキン、ベジタブル)とライス

川の岸に広がる緑の沃野■川の岸には緑の沃野が広がる。女性が身にまとう布の赤があざやか

1等船客専用の展望デッキ■上層船首部分にある1等船客専用の展望デッキ。椅子に腰掛け紅茶を飲みながら流れ行く景色を眺める至福のひとときを味わえる

こちらも好きかも

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュPart 4. 彼らが母国語を手にしようとした日

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュ
Part 4. 彼らが母国語を手にしようとした日

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュPart 3. 大河を越え、東の果ての地へ

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュ
Part 3. 大河を越え、東の果ての地へ

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュPart 2. マングローブの密林の中で

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュ
Part 2. マングローブの密林の中で

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュPart 1. バパピタの味、バウルの歌

“旅”が始まったばかりの国、バングラデシュ
Part 1. バパピタの味、バウルの歌

バングラデシュ・シュンドルボン国立公園 ツアー体験記

バングラデシュ・シュンドルボン国立公園 ツアー体験記

待望の『バングラデシュ編』がいよいよ刊行!

待望の『バングラデシュ編』がいよいよ刊行!