編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > ついに営業運転開始 エアポートレイルリンク
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

ついに営業運転開始 エアポートレイルリンク

「地球の歩き方D18 バンコク」編集担当:水野 純
バンコク市街とスワンナプーム国際空港を結ぶ高速鉄道エアポートレイルリンク。2009年の春に試乗し、「今年(2009年)の8月12日には開通しそう」とも書いたあとで「開業は延期されました。まず2009年6月に12月への延期が発表され、さらに7月になって2010年3月へと大幅に再延期」となったこの鉄道。ついに2010年6月から試運転を兼ねた無料運行を開始、そして8月23日に有料の営業運転へと移行しました。早速利用してみました。

スワンナプーム駅のホームは地下1階。2階の到着フロアからは階段、エレベータ、エスカレータで移動します。地下1階に到着したら案内に従って歩くと、なだらかな下りスロープの先に切符売り場と改札が見えます。向かって右がシティライン、左がエクスプレス(後述)に分かれているのでご注意下さい。設置されている自動販売機と自動改札機はまだ使われておらず、現在のところ窓口で購入する紙の切符を改札機脇に立っている係員にもぎってもらいます。

今回はシティラインを利用してみました。改札を抜けてさらに1フロア降りるとホーム。バンコクの地下鉄同様ホームドアがあります。シティラインの車内はロングシート。空港からの乗客だけでなく途中駅での乗降も多く、周辺の住民や学生が足として利用している様子でした。走りだすと快適そのもの。並走する有料道路を走る車を追い抜きつつほぼ3分毎に駅に停車、フアマーク駅でエクスプレスの通過待ちをし、スワンナプーム駅出発から25分後に終点パヤー・タイ駅到着。これは速い。パヤー・タイ駅からはBTS(「スカイトレイン」:高架鉄道)に乗り換えて市内へ出られます。列車は15分毎に出発するので、最大待ったとしても空港からパヤー・タイまで所要40分。しかも料金はたったの15B(暫定料金)。

空港から市内までタクシーを使うと200〜300Bは必要でした。エアポートバスでも150Bです。しかしエアポートレイルリンクでパヤー・タイまで行き、そこからタクシーを使っても市内ならせいぜい60B、高くても80B程度でしょう。安くて快適、なおかつ時間も読める、ありがたい交通機関の登場です。

空港から市街への移動は、数人のグループや荷物が大きい場合はリムジンやメーター式タクシー、そこそこ身軽ならエアポートレイルリンクとBTSや地下鉄の併用、目的地がバス停直近ならばエアポートバスの利用と、選択の幅が広がったことを歓迎したいと思います。

※1B(THB):バーツ=3.22円
(2010年9月29日のデータ)
▼最新の為替はこちらから
地球の歩き方>海外為替レート>タイバーツの為替レート

■DATA
エアポートレイルリンク


総延長28.5km、駅の数は8。
・スワンナプーム Suwarnabhumi
 (スワンナプーム国際空港)
・ラートクラバン Ladkrabang
・バーン・タブ・チャーン Ban Tab Chang
・フアマーク Huamak
・ラームカムヘン Ramkamhaeng
・マッカサン Makkasan
 (地下鉄ペッチャブリー駅徒歩5分)
・ラーチャプラロップ Ratchaprarop
・パヤー・タイ Phaya Thai
 (BTSパヤー・タイ駅に接続)

列車
列車の運行形態はエクスプレス(急行)シティライン(各駅停車)の2種類。

エクスプレス
スワンナプーム駅〜マッカサン駅間をノンストップで運行。所要15分。
6:09から24:09の間、15分毎に出発(1時間に4本)。
料金(キャンペーンにつき暫定料金):
100B

シティライン
スワンナプーム駅〜パヤー・タイ駅の各駅停車。所要25分。
6:00から24:00の間、15分毎に出発(1時間に4本)。
料金(キャンペーンにつき暫定料金):
全線15B

※キャンペーン終了後、エクスプレスは150B、シティラインは距離により15〜45Bになる。ただし終了時期は未定

利用の注意
・エクスプレスとシティラインは切符売り場も改札もホームも別。
エクスプレスでスワンナプーム駅からマッカサン駅まで行きさらにパヤー・タイ駅へ行きたい場合は、マッカサン駅で一度改札を出て新たに切符を買い直す
・マッカサン駅からは地下鉄ペッチャブリー駅まで徒歩5分。タクシーも待機している
・ドアが閉まる際の音が大きいので注意
・市街から空港へ向かう場合は、タクシーなどでマッカサン駅まで行き、エクスプレスを利用すると楽。エクスプレスはガラガラ
・朝夕のシティラインは通勤通学利用者で混雑する。空港へ向かう場合は始発のパヤー・タイ駅から利用すると楽
・エクスプレスの切符は帰りの切符付き(暫定料金期間のキャンペーンで、片道料金100Bで往復できる。その日のうちに往復利用する人はあまりいないような気もするが)

地下駅への案内看板(スワンナプーム国際空港1階)■スワンナプーム国際空港1階にある地下駅への案内看板

地下1階の看板■地下1階ではこの看板に従って移動すると改札へ出られる

新駅■オープンほやほやでピカピカ、そしてまだ人はまばら

シティライン(スワンナプーム駅)■スワンナプーム駅に到着したシティライン

シティラインの車内■シティラインの車内。右のおばさんは靴を脱いで席に座り外を眺めている

パヤー・タイ駅の連絡歩道橋■エアポートレイルリンクのパヤー・タイ駅とBTSのパヤー・タイ駅を結ぶ連絡歩道橋

エアポートレイルリンクのパヤー・タイ駅■BTSパヤー・タイ駅から眺めるエアポートレイルリンクのパヤー・タイ駅

こちらも好きかも

バンコクの空港バスが突然廃止

バンコクの空港バスが突然廃止

バンコク―復興を遂げるショッピング街と町の近況

バンコク―復興を遂げるショッピング街と町の近況

まさかの展開、ドンムアン空港再稼働(タイ・バンコク)

まさかの展開、ドンムアン空港再稼働(タイ・バンコク)