編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 全豪オープン2011に行ってきた−現地観戦のススメ
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

全豪オープン2011に行ってきた−現地観戦のススメ

地球の歩き方『シドニー&メルボルン』編集担当 平山喜代江
全豪オープンのいいところは、何といっても街からの近さ。期間中は会場まで無料のトラムが運行されており、シティの中心であるフリンダースストリート駅から会場のメルボルンパークまで、トラムの所要時間を計ってみたら何と4分30秒! こんなグランドスラム大会、ほかにあるでしょうか!? 開催期間も2週間(予選はさらに5日前から)と長いので、激闘が繰り広げられる予選や1〜2回戦を中心に日本人選手を応援したり、準決勝や決勝でトップ選手同士の歴史に残る試合を目の当たりにするなど、目的に応じて観戦期間を選べるのもいい。

センターコートで、ナダルフェデラーなどトップ選手を観るのもいいが、おすすめは、当日でも買えるグラウンドパスで入れるコートでの観戦。指定席のロッドレーバーアリーナとハイセンスアリーナに次いで3番目に大きいマーガレットコートアリーナをはじめ、ショーコートなど指定席のないコートすべてに入場可能。シード選手もショーコートで試合をするし、自由席なので早めに行って前に座れば選手が近くで見られる。また、センターコートの試合は広場の大型スクリーンで中継されており、オージーたちはここでビール片手にのんびり応援している。

自由席のコ―トはとにかく応援が盛り上がる。地元オーストラリア選手が出ていれば、例の「オジオジオジ!オイオイオイ」の声援がすごい。森田あゆみ対ポン・シューアイ戦では中国の声援「加油!」に対し、日本も「ニッポンチャチャチャ!」で応戦。ラドワンスカの出る試合では、ポーランドの若者による「ポルスカ!」のかけ声が元気ハツラツ。ダブルスではプパシとパエス組にインド人から熱い声援があちこちからかかる。“インド・パキスタン急行”ボパンナとクレシ組に対するロドラとジモニッチ組がピンチになるとフランス人から「アレ!アレ!」の声。とにかく応援の国際色が豊かだ。

一方、センターコートでは、国への応援というより、選手個人への声援が多い。「ラファァー!!」(ナダル選手への応援は子どもと女性が多かったような)「カモン!マリア〜」(シャラポワ選手は男性に人気のよう)「フランキー!!」(イタリア系移民が多いメルボルンではスキアボーネ選手をこう呼ぶ)「サミィーーー」(地元ストーサーへの声援も熱い)

もうひとつ現地観戦のお楽しみが往年の名選手によるレジェンズダブルス。ハイセンスアリーナのナイトセッションで開催されていたパトリック・ラフターとアンリ・ルコント対パット・キャッシュとウェイン・アーサーズ戦は本戦とは違ったリラックスした雰囲気。Wilsonの大きなラケットを持ち出したり、椅子に座りながら返球したりの愉快なプレイに会場も爆笑。こういったテレビでは放送されない試合が実はおもしろかったりする。特にファンにとっては涙モノ。このときはハイセンスアリーナだったが、レジェンズダブルスは主にマーガレットコートで行われるので、グラウンドパスで入れる。

エナンの引退、ナダルが準々決勝、フェデラーが準決勝で敗れ、ジョコビッチ2度目の全豪優勝、リー・ナ選手のアジア人初の準優勝など、いろいろなドラマがあった2011年の全豪オープン。男子2トップ体制がどうなるのか、そして今回3回戦に進出した錦織圭選手と森田選手など日本人のさらなる活躍も期待される来年、メルボルンパークに来れば歴史の目撃者になれるかも。1月中旬はいざメルボルンへ!

  2012年の大会に向けた、詳しい全豪オープンの情報は9月に特集記事を掲載予定。また11月発行の「地球の歩き方シドニー&メルボルン'12〜'13」でも特集記事を掲載します。

■DATA
▼詳しくはWeb公式サイトで
テニス全豪オープン(英語)
▼日本語でわかりやすいサイトなら
全豪オープンテニスガイド|
ビクトリア州政府観光局×カンタス航空

 
Googleマップで 全豪オープン会場 の位置を見る■移動や拡大が自在なGoogleマップで全豪オープン会場の位置を確かめよう

メルボルンパークへは無料トラムで
メルボルンパークへは無料トラムで

ガーデンスクエア広場
ガーデンスクエア広場は試合観ながらピクニック気分

マーガレットコートアリーナ
6000人収容のマーガレットコートアリーナ。選手が近い

チア風オージー女子
ストーサーを応援するチア風オージー女子

優勝したジョコビッチ選手
フェデラーを準決勝で破り、優勝したジョコビッチ。会場ではイバノビッチも見守っていた

キム・クライシュテルス選手
最強お母さんプレーヤー、キム・クライシュテルス。ここぞというときの踏ん張りはさすが

森田あゆみ選手
2回戦を突破したあゆみちゃんのガッツポーズ!



こちらも好きかも

南半球最大のG1レース、メルボルンカップ日本馬が残した伝説とファッショナブルなカーニバル

南半球最大のG1レース、メルボルンカップ
日本馬が残した伝説とファッショナブルなカーニバル

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

クーヨンクラシックに行って来た!  豪州テニスの伝統を感じるエキシビションマッチ

クーヨンクラシックに行って来た!
 豪州テニスの伝統を感じるエキシビションマッチ

第19回 雨と風と虹と──2014ホノルルマラソン

第19回 雨と風と虹と──2014ホノルルマラソン

【読プレ】キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

【読プレ】キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

第18回 今年も、来年も「ホノルルを走ろう!」

第18回 今年も、来年も「ホノルルを走ろう!」