編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 話題のキュートな陶器 ボレスワヴィエツ陶器の町へ
 とっておきのポーランド Vol.2
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

話題のキュートな陶器 ボレスワヴィエツ陶器の町へ
 とっておきのポーランド Vol.2

「とっておきのポーランド」編集担当:関いつこ
日本でもファンを増やしているポーランドのボレスワヴィエツ陶器。多くの工房それぞれが、すてきな模様や型を作っているのでじっくりと見たい人は、この町に行くのがいちばんです...

「とっておきのポーランド」編集担当:関いつこ

最近、日本でもよく見かけるようになったボレスワヴィエツ陶器。アメリカやヨーロッパではすでに人気があった陶器ですが、ぽってりとしたフォルムとかわいい手描き模様から、ここ数年日本で着実にファンを増やしています。

ボレスワヴィエツ陶器
写真 左:同じ柄でいろいろ揃えたくなるかわいさ!
写真 中:カラフルな模様も多いのでどれにしようか迷ってしまう
写真 右:クジャクの目と呼ばれるドット模様が昔からの定番



ボレスワヴィエツとは、ポーランド南西部のチェコとドイツの国境に近い場所にある町の名前。ここで作られる陶器のことをボレスワヴィエツ陶器と呼びます。良質の粘土がある土地柄から、13世紀末頃に家内工業として陶器作りが始まり、日常使いの焼き物の需要が増えた18世紀に技術が向上しました。

旧市街広場と作業の様子
写真 左:ボレスワヴィエツの旧市街広場 ©Grzegorz Matoryn 
写真 右:すべて手描きなのでひとつひとつ表情が違う



1842年にはヨーロッパの国際見本市で賞を獲得し、1897年には町に職人学校もできました。当時この一帯がドイツ領だったことも現在の発展に大きく貢献しているので、ドイツ語のブンツラウワー陶器という名前で聞いたことがある人もいるかも知れません。さて、ボレスワヴィエツ陶器を買うなら、ワルシャワやクラクフなど都市部の食器のお店でも扱っています。ただ、20以上の工房があり、それぞれ模様や型が数え切れないほどあるので、とにかくたくさん見たい人は、ボレスワヴィエツの町に行くのがいちばん! ほとんどの工房がショップを併設しています。

陶器博物館と陶器祭の様子
写真 左:歴代の人気作品を展示する陶器博物館
写真 右:陶器などの露店が並ぶ陶器祭の様子 ©Grzegorz Matoryn 



小さな町の旧市街には、陶器の歴史を伝える陶器博物館もあり、18世紀以前の傑作を見ることができます。また、毎年8月下旬に行われる陶器祭がユニーク! 陶器と同じ柄を全身にペイントして歩くパレードなどで盛り上がります。近隣国からの参加も合わせて約70の工房が出店し、ショッピングにもぴったりなので、この時期に合わせて旅行するのもおすすめです♪

ボレスワヴィエツ陶器
写真 左:陶器祭のパレードでは全身を陶器色に!
写真 中:大人から子供まで全身にペイントをして歩く陶器祭のパレード ©Grzegorz Matoryn 
写真 右:パレードでのキュートな子供たち ©Grzegorz Matoryn 




■DATA

ボレスワヴィエツ
Bolesławiec
 URL:www.um.boleslawiec.pl/
 (ポーランド語のサイト)

◆陶器博物館
 Muzeum Ceramiki
 住所:Mickiewicza 13
 電話:75-644-4700
 開館時間:8:00〜16:00
 休館日:月曜日
 入館料:大人4zł 子供・学生2zł(木曜は無料)
 URL:www.muzeum.boleslawiec.net
 (ポーランド語のサイト、英語とドイツ語などあり)

ボレスワヴィエツへのアクセス
ヴロツワフから鉄道で1〜2時間。バスで2時間45分。
ヴロツワフまではワルシャワから1時間(空路)

ポーランド ズウォティ レート:
1zł=25.6円(2012.04.23現在)
▼最新の為替情報はこちらから
Exchange-Rates.org の為替レート / ヨーロッパの通貨 のページ

関連書籍

こちらも好きかも

まるでおとぎの国! 小さなザリピエ村へ とっておきのポーランドVol.3

まるでおとぎの国! 小さなザリピエ村へ
 とっておきのポーランドVol.3

映画「シンドラーのリスト」の舞台、クラクフのカジミエシュ地区が今おもしろい! とっておきのポーランド Vol.1

映画「シンドラーのリスト」の舞台、クラクフのカジミエシュ地区が今おもしろい!
 とっておきのポーランド Vol.1

この夏、本場チェコの人形劇が東京で楽しめます!

この夏、本場チェコの人形劇が東京で楽しめます!