編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > オーロラの夜、馬橇で森のサンタクロースに会いに行く
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

オーロラの夜、馬橇で森のサンタクロースに会いに行く

地球の歩き方編集部:S
前回ご紹介したサンタクロースたちが世界一を競うサンタ・ウィンター・ゲーム。その開催地イエリヴァーレには、忘れてはならないアクティビティーがある。大自然の森の中で待っているサンタクロースに馬橇に乗って会いに行くというものだが、今回それを体験してきた・・・

『地球の歩き方』編集部 S

新しい年がやってきましたが、引き続きサンタクロースの話題でおつきあいください。

前回サンタクロースたちが世界一を競うサンタ・ウィンター・ゲーム北欧のラップランドでサンタ苦労す! 世界一を競う、サンタ・ウインターゲーム(2012年12月24日 の記事) をご紹介しましたが、その舞台となるスウェーデンの小さな町イエリヴァーレGellivareには、忘れてはならないアクティビティがあります。それは大自然の森の中で待っているサンタクロースに、馬の引く橇(そり)に乗って会いに行くというものです。そこには過剰な演出のないリアリティ溢れる暖かい出会いが待っています。

雪の積もった森の中を、馬橇が静かに進みます。見上げた木々の間から覗くのは、満天の星が広がる夜空。
森の奥に入ると小さな灯りが次第に大きくなり、橇が止まるとランタンをかざしてサンタさんが出迎えてくれます。森の中では焚き火が燃えさかり、赤い炎をが周囲の雪景色を赤く浮かび上がらせています。クリスマスドリンク「グロッグ」で冷えた体を温め、ソーセージグリルを味わいます。また、クリスマスには欠かせないジンジャークッキーも楽しんでください。
その後、丸太小屋に入り、コーヒーとスウェーデン代表的なお菓子、シナモンロールパン(ランチまたはディナーを希望する場合は、クリスマスハム、ミートボール、ソーセージ、ニシンの酢漬け、サラダ、ポテトなどの クリスマスのお料理)をいただき、サンタさんとの楽しいひとときを過ごします。最後に、サンタさんから<本当のサンタクロースに会った証明書>を手渡されます。そしてサンタさんに見送られ、馬橇で出発地点に戻ります。


森の中で待っているサンタ
■森の中で待っているサンタクロース

私が体験した日はサンタ・ウィンター・ゲームの前夜祭で、翌日の競技に参加するサンタクロースたちと応援団がすでに集っていました。そこには多少のにぎやかさはあるものの、厳粛な雰囲気の漂う特別な空間が広がっていました。このアトラクションは、午前、午後、そして夜の訪問という時間帯の選択が可能です。個人的には、オーロラ鑑賞のチャンスもあり、厳粛なムードが漂う夜の訪問をおすすめします。

サンタに会った証明書
■本物のサンタクロースに会った証明書

最低限の照明が丸太小屋の中をうっすらと照らすファンタジックな空間。「馬橇での旅」は、日常からサンタクロースの世界への架け橋になっているようで、自分の置かれている環境をすんなり受け入れることができます。イェリヴァーレのサンタさんはもの静かでとても優しい目。彼はまさしく本物のサンタクロースなんです。サンタクロースと過ごす特別な時間が終わると、本物のサンタクロースに会った証明書が直接手渡されるという仕掛け。

美しいオーロラ
■サンタクロースからの贈り物は美しいオーロラ

サンタクロース訪問の夜、待ちに待ったオーロラが出現しました。馬橇で森の中を行くときから、低い位置にうっすらとオーロラが現れ、最高の雰囲気を作り出してくれました。2012年から2013年はオーロラの当たり年と言われていたので期待が高まっていたものの、ようやく見ることができたのはスウェーデンに入って3日目の夜。北欧ではオーロラ出現が、午後5時頃からと通常の生活時間帯なので寝不足にならなくてありがたいといえます。旅のスケジュールではとても大切なところではないでしょうか。

イェリヴァーレ駅舎
■美しい木造駅舎のイェリヴァーレ駅

イェリヴァーレ駅、午後7時。最後のオーロラ遭遇のチャンスの夜でしたが、空には厚い雲。暖かい色の照明が氷点下の空間に木造の美しい駅舎を美しく浮かび上がらせています。ほどなくナルヴィック Narvik (ノルウェー)発、ストックホルム Stockholm 行きの夜行列車が到着しました。ストックホルムに着くのは翌日の昼12時20分(夏ダイヤ)。深夜まで待っていたら、ポーラー・エキスプレスがやってきそうな風情です。

町中のウィンドーディスプレー
■クリスマス気分を盛り上げる町中のウィンドーディスプレー

北極圏から北に100キロという緯度の高い場所に位置しているので、11月中旬であっても、午後3時にはすっかり暗くなってしまいます。雪の積もった道を歩きながら、ウィンドーディスプレーを見ているだけで、幻想的で幸せな気分になれるというわけ。

イェリヴァーレ博物館/観光案内所
■イェリヴァーレ博物館のある建物にある観光案内所

観光案内所はイェリヴァーレ博物館のある建物の中にあります。日本人スタッフの上田さんが常駐し、ホテルやアクティビティなどの手配を行ってくれるので何かと心強いのです。イェリヴァーレに在住するただ一人の日本人である上田さんによって、われわれの旅がさらに充実したものになります。


■DATA

■馬橇でサンタクロース訪問
このツアーは通常、11月下旬から4月中旬頃まで催行されます(積雪量による)。
天候等の状況で馬橇が馬車になることもあります。サンタクロース訪問の時間帯は、午前、午後、夜の選択が可能。また個人出の参加の場合、イェリヴァーレ中心部の宿泊ホテルまたはイェリヴァーレ駅などへの無料送迎があります

◎料金:(価格はすべて1人あたり 2013.01.07 現在)
・最少催行人数2名より:SEK995
・参加者が5〜7名の場合:SEK740
・参加者が8名の場合:SEK650
※通常のプログラムに、追加料金SEK200(1人)でランチ・ディナーを組み込むことも可能

◎個人の申し込みはツーリストオフィスまで

■イェリヴァーレ観光案内所
住所:Storgatan 16, 982 31 Gallivare
URL:www.gellivarelapland.se/ja/3/
mail:ここをクリックしてメールを書く
TEL:+46(0)970-16660(日本人スタッフ常駐
オフィス営業時間(冬期):月曜日〜金曜日 9:00〜17:00
休日(冬期):土曜日および日曜日
※直接オフィスでの申し込みも可能です。


スウェーデン クローネ(SKR)のレート:
1SEK=15.84円(2013.01.07 現在)
▼最新の為替情報はこちらから
『地球の歩き方』外国為替レート の スウェーデン クローネ のページ

★取材協力:イエリヴァーレ観光局
URL:www.gellivarelapland.se/ja/

こちらも好きかも

コミックエッセイ『北欧が好き!』で知る北欧の魅力~フィンランド編~

コミックエッセイ『北欧が好き!』で知る北欧の魅力~フィンランド編~

北欧のラップランドでサンタ苦労す!世界一を競う、サンタ・ウインターゲーム

北欧のラップランドでサンタ苦労す!
世界一を競う、サンタ・ウインターゲーム