編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 首都からの日帰り旅 ハレウッド社のワイナリーへ
 ルーマニアを楽しむVol.6
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

首都からの日帰り旅 ハレウッド社のワイナリーへ
 ルーマニアを楽しむVol.6

ライター(ルーマニア観光局公認アドバイザー)川上・L・れい子
秋のルーマニアを旅行にワイナリーを訪れることをおすすめしましたが、今回は首都ブカレストから行きやすいワイナリーを紹介します。...

ライター(ルーマニア観光局公認アドバイザー)川上・L・れい子

2月の編集部ブログ「ルーマニア旅行におすすめの時期は」で、秋にはワイナリーを訪れることをおすすめしましたが、今回は首都ブカレストから行きやすいワイナリーを紹介します。

ブカレスト北駅からブラショフへ向かう地域間鉄道 IR(インターレジオ)に乗って2時間弱ほどで、山に囲まれた静かな町アズガ Azuga に到着。ルーマニア有数のワインメーカー、ハレウッド・ルーマニア Halewood Romania のワイナリーは、この町の中心部にあります。駅から徒歩10分と観光客でもアクセスしやすい場所にあり、車でもブカレスト中心部から1時間半ほどで訪れられるため日帰り利用の観光客も多いワイナリーです。


Cafe pedia
左/周囲を山に囲まれたアズガ・ワイナリー
右/敷地内には昔ながらの井戸があった


現在イギリス資本も入っているハレウッド・ルーマニアは、国内に6つのワイナリーを持っており、このアズガのワイナリーは1892年に建設されたもの。1920年代からシャンパンと同じ方法でルーマニア初のスパークリングワインを造っていたことで知られています。当時からそのワインはルーマニア王室に献上され、現在も定期的に王室ファミリーが夏の避暑地滞在の帰りに立ち寄られるなど王室とゆかりの深いところです。共産主義時代から国の海外輸出部門で働いていたスタッフもおり、ルーマニアのワインの魅力を語ってくれます。

ワイナリーツアーは前々日までの予約、5人ほどの人数が必要ということですが、足りなくても相談に乗ってくれます。ツアーでは伝統的な方法でのスパークリングワイン製造が見学でき、1本1本手作業でボトルをルミュアージュ(動瓶※)する作業、また今では機械で行われることが多いデゴルジュマン(おり抜き※)も手作業と「職人技」も見ることができます。ラベル貼りもいまだに手作業で驚かされますが、大切に造られていることが試飲をしても感じられるます。ルーマニア国内でも結婚式や車メーカーのイベントなど、特別な行事で使われていたりもします。


Cafe pedia
左/ラベル貼りも手作業。少量生産ならではの工程
右/ルーマニア王室御用達のスパークリングワイン

ツアーはテイスティング(3種)のみの場合は25 Lei、これにルーマニア伝統料理の前菜メインのおつまみがついたコース(40Lei)、肉メイン料理とデザートまでつけるコース(63Lei)があり、とてもお得。90名まで対応できるレストランは、地元の人たちのパーティー利用も多く味はお墨付きです。ランチタイムにこちらを利用するプランも良いでしょう。日帰りもできますが、同敷地内にある16部屋のペンションも人気です。各部屋にブドウの名前を使うなど、とても雰囲気があります。秋は混みあうので早めの予約が必要。アズガからスキーリゾートや別荘地として有名なプレデアルへもすぐですから、その宿泊地としてこちらを候補にしてみては(プレデアルは、『地球の歩き方』ガイドブック A28 ブルガリア ルーマニア(2013-2014年版)225ページに掲載)。


Cafe pedia
ディナーの前菜例。季節野菜もそのままたっぷり、チーズやハム類など豊富

もうひとつ近場のハレウッド社のワイナリーは、ブカレストの北60kmほどのプロイエシュティから、さらに東へ20km弱のウルラツィにあります。時間があればぜひ、当日に予約を入れることもできるので相談してみてください。ブドウ畑をすぐ裏に持つこちらでは赤ワインを醸造、樽熟成させており、テイスティング料金はアズガと同一、食事コースも可能です。夏には庭でBBQコースを振舞うことも。ワインショップも併設しており、箱買いをするお客さんも大勢います。

Cafe pedia
左/閑静な雰囲気のウルラツィ・ワイナリー
右/地下でじっくり熟成されている赤ワインを試飲


ギリシア神話に登場するワインの神バッカス(ディオニュソス)の誕生については、いろいろな説があるようですが、ルーマニアのモルドヴァ地方生まれ、という説もあるほど、ワインと縁の深いルーマニア。実際、ここでは5〜6千年前のワイン容器が発見され、その歴史の長さも明らかになっています。まだまだ日本では知名度が低いかもしれませんが、ぜひルーマニアでその美味しさを実感してください。

※ルミュアージュ(動瓶)/2次発酵のために寝かせておいた瓶の側面にたまったおりを、瓶の口に移動させること
※デゴルジュマン(おり抜き)/ルミュアージュによって瓶口に集められたおりを除去すること

■ハレウッド・ルーマニア・ワイナリー DATA

アズガ
 Str Independentei 24 Azuga
見学予約連絡先
・メールアドレス
 stefania.ghita または azuga
・電話
 +40(0)244 530 955 内線番号 129

ペンション宿泊料金 (2014年1〜12月)
 日曜〜木曜泊  シングル 95Lei, ダブル125 Lei
(朝食は付いていないが別途注文可)
 週末(金・土)泊  シングル 129 Lei, ダブル 149 Lei
 こども:6歳未満は無料、6〜12歳は半額 (2014年1月調査)

ウルラツィ
 Str Maruntisului nr 2, Loc Urlati
見学予約連絡先
・メールアドレス
 urlati
・電話
 +40 (0)244 271 504


ハレウッド・ルーマニアワイン日本での取扱い会社
 ユーロアジア交易株式会社
 ユーロアジア交易販売株式会社

*記事内紹介のハレウッド・スパークリングワインは現在問合せベースで対応中

ルーマニア レウレート:
1Lue(RON)=31.36円(2014.03.17現在)
レウ Lue。複数形はレイ Lei。2005年のデノミ以降「新ルーマニアレイ RON」とも。
▼最新の為替情報はこちらから
>Exchange-Rates.org の為替レート / ヨーロッパの通貨 のページ

●「ルーマニア」関連記事をまとめて読もう
地球の歩き方編集部・取材&日記 での「ルーマニア」検索結果


こちらも好きかも

ルーマニア 世界遺産 モルドヴァ地方の教会群と修道院

ルーマニア 世界遺産 モルドヴァ地方の教会群と修道院

ベルリン国際映画祭で最高賞受賞 ルーマニア映画『私の、息子』

ベルリン国際映画祭で最高賞受賞 ルーマニア映画『私の、息子』

「ルーマニア旅行におすすめの時期は」 ルーマニアを楽しむVol.5

「ルーマニア旅行におすすめの時期は」 ルーマニアを楽しむVol.5

カンヌ映画祭で2部門受賞の注目のルーマニア映画 『汚(けが)れなき祈り』  〈旅の誘い度★★★〉

カンヌ映画祭で2部門受賞の注目のルーマニア映画
『汚(けが)れなき祈り』  〈旅の誘い度★★★

「気軽に、気楽に聴けるクラシック音楽!」 ルーマニアを楽しむ Vol.4

「気軽に、気楽に聴けるクラシック音楽!」 ルーマニアを楽しむ Vol.4

「ルーマニアの味をおみやげに!」 ルーマニアを楽しむ Vol.3

「ルーマニアの味をおみやげに!」 ルーマニアを楽しむ Vol.3