編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > ドイツの玄関口!
フランクフルトの最新情報
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

ドイツの玄関口!
フランクフルトの最新情報

「地球の歩き方」プロデューサー:三戸良彦

かつての栄華を偲ばせるフランクフルトのレーマー広場

かつての栄華を偲ばせるフランクフルトのレーマー広場
© Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main

9月22日、フランクフルト空港と観光局の関係者が来日し、フランクフルト・セミナーが開催された。
このところミュンヘン、デュッセルドルフへと直行便が就航し、ドイツへのアクセスは選択肢が増えたが、それでもフランクフルトは、ドイツの玄関口と言っていいだろう。
提供された最新情報から「地球の歩き方」的目線でレポートする。

ブンデスリーガ、フランクフルトのホームチーム・アイントラハトのユニフォーム

ブンデスリーガ、フランクフルトのホームチーム・アイントラハトのユニフォーム。このチームで乾、長谷部2人の日本人選手が活躍している

フランクフルト空港が世界でも有数のスケールを持つ空港であることは言うまでもない。現在世界中から108の航空会社が乗り入れ、ここから105ヵ国、295もの目的地に接続している。ドイツというよりヨーロッパの中心にあるハブ空港だ。

また、ソフトサービスにも力を入れている。300店以上もあるショップやレストラン、wi-fi環境の整備など設備面にとどまらず、接客サービスは常に顧客満足度をフィードバックし洗練させているという。

さらに、今回のプレゼンテーションで再認識したのは観光地へのアクセスの良さだ。ちょっと例をあげるだけでも、ラインの真珠とも呼ばれるロマンティックな町で、ライン川下りのハイライトの出発点でもあるリューデスハイムへ電車で40分、世界遺産の大聖堂が駅前にそびえるケルンへ電車で50分、丘の上の古城とバロック風の旧市街がノスタルジックな旅情を誘うハイデルベルクへは、電車で70分という具合だ。飛行機を降りればすぐにドイツの個性的な町を旅することができる。このようなポジションの国際空港はそうないだろう。

フラポート株式会社 ハイコー・ハファー・ブコヴァック氏(左)とステファン・M・コップ氏(右)

空港の施設と周辺地域の観光情報を説明してくれたフラポート株式会社 ハイコー・ハファー・ブコヴァック氏(左)とステファン・M・コップ氏(右)

フランクフルトで今一番ホットな話題は、サッカーだ。ホームチームのアイントラハト・フランクフルトには、乾貴士と長谷部誠、ふたりの日本人プレーヤーがレギュラークラスの活躍をしている。つい先日も岡崎慎司の所属するマインツとの試合で大いに盛り上がった。

フランクフルトは、ドイツの金融の中心地で最先端のビジネス都市という顔と中世には神聖ローマ帝国皇帝の載冠式など重要な儀式が行われた、1200年もの歴史を持つ古都という顔を持っている。文豪ゲーテもこの町で生まれた。このコントラストが町の活力であり魅力にもなっている。2014年中には新ヨーロッパ中央銀行のビルが完成し、一方で旧市街の再整備も着々と進んでいるということだ(2016年には完了予定)。

(左)フランクフルト観光局のアネッテ・ビーナー氏(右)アイントラハトの選手のサインが入ったサッカーボール

(左)フランクフルトの最新情報は、フランクフルト観光局のアネッテ・ビーナー氏がプレゼンテーション(右)セミナー会場に展示されたアイントラハトの選手のサインが入ったサッカーボール

プレゼンテーションの最後に、ゲーテ街道が紹介された。
ゲーテ街道は、フランクフルトからスタートし、フルダ、アイゼナハ、エアフルト、ヴァイマール、イエナ、ライプツィヒ、ドレスデンとドイツの真ん中を西から東へと結ぶ観光街道だ。経由する町は、いずれもゲーテをはじめ、ルター、バッハ、ヴァーグナーといったドイツ文化を代表する人々にゆかりのある町で、まさにドイツの歴史と文化が凝縮されたルートと言っていいだろう。

なかでも、今年から来年にかけて注目したいのは、ライプツィヒ。ベルリンの壁崩壊の引き金になった市民蜂起は、1989年10月9日、ここライプツィヒで始まった。今年、25周年を迎えたのだ。10月9日には、平和革命25周年を記念して「光の祭典が」計画されている。また、東西ドイツ統一25周年となる2015年は、ライプツィヒにとっても市制1000年のミレニアムに当たるという。

それはそれとして。

実は、私がゲーテ街道で一番訪れてみたいのは、エアフルトのクレーマー橋だ。橋の上に建物が建つ橋としては、ヨーロッパ最長にして一番歴史が古いとも言われている。今年新刊のガイドブック「ベルリンと北ドイツ」の制作で、クレーマー橋の詳細なイラストをおこすために取材したスタッフにその様子を聞いて以来、いつか自分もそこを歩きたいなと思っているのだ。

そのクレーマー橋を舞台に行われる中世風の祭りが、来年2015年は6月19日から21日の予定で行われる。

木組みの家が並ぶ美しいクレーマー橋

木組みの家が並ぶ美しいクレーマー橋
© Erfurt Tourismus und Marketing GmbH, Foto: Barbara Neumann

関連書籍

こちらも好きかも

ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ってきました

ドイツ観光局 プレス発表会2016年のテーマは「自然、ビール、音楽」

ドイツ観光局 プレス発表会
2016年のテーマは「自然、ビール、音楽」

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

2015年は、ドイツ再統一25周年。――ドイツ観光局・プレス発表会

2015年は、ドイツ再統一25周年。
――ドイツ観光局・プレス発表会