編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > ロンドンのATPワールドツアーファイナルに行って来た!
豪華な最終戦観戦のための参考情報
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

ロンドンのATPワールドツアーファイナルに行って来た!
豪華な最終戦観戦のための参考情報

ライター 平山喜代江
躍進著しい錦織選手の2014年を締めくくったATPワールドツアーファイナル。これを観戦しにロンドンのO2アリーナに行ってきました・・・

ライター 平山喜代江

※この記事は2014年大会をレポートした(2014年11月29日の記事)もの。
 2015年の大会は11月16日に開幕する(ロンドン)

※年明け1月にはグランドスラム・全豪オープンを迎える。15年大会でベスト8入りした錦織がいよいよ王座を狙う。
 応援ツアーのプランやガイドには、地球の歩き方 C13シドニー&メルボルン が最適です

1
2014年の男子プロテニスの最後を飾る大会。会場内は無料でWi-Fiが使える

ロンドンO2アリーナで開催された、ATPワールドツアーファイナルに行ってきました。錦織選手が準決勝に進み、決勝はフェデラーの棄権でジョコビッチが三連覇するなど、話題に事欠かない大会でした。錦織選手の初出場で、選手の厚遇ぶりまで報道されていましたが、この大会に興味を持ち、来年はロンドンに行って観戦したいという人に参考になりそうなことをお伝えします。

2
会場までのアプローチにある看板は記念撮影ポイント

ATPワールドツアーファイナルは、その年のレースランキングトップ8の選手のみが出場する、男子プロテニスの1年を締めくくる大会。日本で行われた第1回から、アメリカやドイツ、中国などでの開催を経て、ロンドンは今年で6年目。ロンドン開催は2013年までの5年契約でしたが、ATP(男子プロテニス協会)は2015年まで契約を延長、来年もロンドンで開催されます。8選手のスーツ姿での記念撮影や、観光名所のプレイヤーパーティ(今年は Silver Sturgeon 号でのテムズ川クルーズ)など、華やかな様子が公開されるのもファンにとっての楽しみです。

3
グリニッジだけあって子午線のあるO2アリーナ

O2アリーナは、2000年のミレニアム記念事業で作られ、できた当時はこんな箱物どうするんだとかなり不評のインフラ施設でした。しかし、2005年からテコ入れを始め、英国の通信会社O2が命名権を取得、2007年のリニューアル後には数々のビッグネームのコンサートが行われ、映画館も入り、立派なエンターテインメント施設に変身。ロンドンオリンピックでは体操やバスケットボールの会場にもなりました。映画「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999)でも登場し、ボンドよろしくドームの屋根の上を歩くツアーも実施されています。

4
レストラン街があり、ファストフード以外も選択肢がいろいろ

こういった商業施設で開催される最終戦は、ウインブルドンとは全く雰囲気が異なります。ノリノリのMCや室内アリーナならではの照明やサウンド、スモークを駆使した演出も見もの。会場の外には、スポンサーブースが並ぶファンゾーンもあります。サーブのスピードを計ったり、優勝トロフィーと記念写真を撮ったり、ボールパーソン体験コーナーもありました。ATPが設けたスタジオでは、コメンテーターらによる試合前の戦力分析が行われ、会場内で流されます。選手が練習するプラクティスコート1(YouTube のライブ配信もありました)、プラクティスコート2もこのゾーンにあり、チケットがなくても見学できます。会場係員のおじさんによれば「ウインブルドンよりも客層がインターナショナル」だそうで、確かにワウリンカはじめ、フェレールやベルディヒの各選手への声援も多く、他のヨーロッパから来ている人も少なくありませんでした。

5
各社のブースが並ぶファンゾーン入口

6
ATPツアーの今年1年の大会の優勝者がパネルに並ぶ

7
スタジオでは試合前に戦力分析が行われる

8
ボールパーソンが体験できるブースも

9
公式ショップでは出場選手の国旗も販売

10
プラクティスコート2でマイケルとダンテの両コーチに見守られながら練習する錦織選手

選手はO2アリーナまで専用の船で送迎されていたように、O2はロンドン中心から南東にあり、地下鉄ジュビリーラインのノースグリニッジ駅が最寄り駅と、乗り換えがちょっと面倒。なので、数日テニス観戦に費やすなら、グリニッジに滞在するとアクセスが楽です。O2アリーナまで129、188番のバスで15〜20分、リバーバス(水上フェリー)でもアクセスできます。試合後は1.75万人が一斉に地下鉄に殺到しますが、バスはそこまでは混みませんし、並べば座って帰れます。世界遺産に登録されているグリニッジは、旧グリニッジ天文台がある観光地で、グリニッジマーケット周辺は、ショップやレストランが並び賑わっています。私は、ここにあるジェイミー・オリバーのレストラン併設デリでサンドイッチやスイーツを調達して行きました。ロンドン市内観光をするなら、テニス観戦後に移動するのもいいかもしれません。

11
帰りは一気に地下鉄に向かって行列ができる

来年観戦を考えている人へ。この時期、冬期スケジュールとなるので、英国への航空券はかなりお求めやすくなります。問題は観戦チケット。ATPの公式サイトでは AXS と viagogo という2つの代理店を通じて販売しています(2014年)。AXS は定価販売、viagogo はチケットを持っている人が自分で値付けをして売る“転売”代行サービス。AXS で売り切れていると、viagogo から買うことになりますが、viagogo は定価より高く、人気のカードは価格が上昇、その一方で直前に値崩れすることも。例えば、ラウンドロビンの最終日、錦織vsフェレール戦は viagogo では直前の最低価格が120ポンドからでしたが、チリッチvsワウリンカ戦は同じく最低価格15ポンドに下がっていました(※あくまでチェックした時点の最低価格、売買状況で絶えず変動)。なおラウンドロビン第3戦のチケット定価は10〜64ポンドでした。
テニスの試合は、前日まで誰と誰が対戦するかわかりません(最終戦は初戦のみ抽選後発表)。対戦カードが決まるのを待っていたら売り切れてしまうので、事前に日にちで買うことになります。一方で、売り切れていても、対戦が決まるときにチケットを手放す人もいるわけです。準決勝の錦織vsジョコビッチ戦は売り切れだったものの、O2アリーナのボックスオフィスに行くと、(チケットが出るかもしれないので)当日(営業開始の)9時に来い、とのこと。そのつもりでいたのですが、前日の夜、スマホで公式アプリを見ていると、AXS でチケットが定価の100ポンドで出ていたので、オンラインで購入。当日、チケットと引き換え、入った席は1階コートサイドの前から7列目。ちなみに viagogo で事前に取ったラウンドロビン第3戦は2階席でも37.95〜74.94ポンド(1チケットごとの予約手数料、日本への FedEx 代込み)でした。
席と値段が明記されたチケットを自分で選べるものの買うタイミングでの巡り合わせに左右され、価格と席のよさは必ずしも比例しません。viagogo はいくらでもいいから確実にチケットを入手したいという人向けで、行くと決めたら、とにかく早くチケットを“定価で”買うことをおすすめします。

観戦以外でも、Sky Sports テニスのプレゼンターに遭遇したり、錦織選手の練習をプラクティスコート2の目の前で見たときはテンションもマックスに。試合の合間には、No.1年間ランキング賞、カムバックプレイヤー賞、ファンズフェイバリット賞など、ATPワールドツアー賞の各表彰式も行われます。2016年以降も、ロンドンでやる可能性もあるほか、中国や中東の都市も開催地候補になっており、まだ正式決定されていません。しかし、やはりテニスの伝統のある国で観るのは格別。決勝戦で急遽マレーを呼んで、さらにヘンマンやマッケンロー、キャッシュも加わって開催されたエキシビジョンマッチは、ロンドン開催だからこそできたちからわざ。ウインブルドンとは異なる、エンターテイメント性溢れるロンドンでの最終戦。観に行く価値は十分あると思います。

参考になるサイト
ATP公式サイト
ATPワールドツアーファイナルズ公式サイト

こちらも好きかも

イングランド・サッカーの最高峰プレミアリーグを制したレスターに行ってきた!

イングランド・サッカーの最高峰
プレミアリーグを制したレスターに行ってきた!

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

斬新なアート賞に受け継がれたJ.M.W.ターナーの先進性6月20日公開、映画『ターナー、光に愛を求めて』

斬新なアート賞に受け継がれたJ.M.W.ターナーの先進性
6月20日公開、映画『ターナー、光に愛を求めて』

ナチュラルな美食の宝庫ウェールズ(英国の食はマズくない!)

ナチュラルな美食の宝庫ウェールズ(英国の食はマズくない!)

ミュージアムが10倍楽しくなる映画2本『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』『ヴァチカン美術館 4K/3D−天国への入口』

ミュージアムが10倍楽しくなる映画2本
『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』『ヴァチカン美術館 4K/3D−天国への入口』

クーヨンクラシックに行って来た!  豪州テニスの伝統を感じるエキシビションマッチ

クーヨンクラシックに行って来た!
 豪州テニスの伝統を感じるエキシビションマッチ