編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 旅先選びの情報誌『今、こんな旅がしてみたい!』
取材のこぼれ話・ウラ話 in トルコ
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

旅先選びの情報誌『今、こんな旅がしてみたい!』
取材のこぼれ話・ウラ話 in トルコ

今、こんな旅がしてみたい!編集部 M
旅に出たいけれど、どこがおすすめ? そんな声に地球の歩き方編集部がお応えする雑誌、『今、こんな旅がしてみたい!』。今号では「1日1万円旅行社」という架空の旅行会社を誌上に立ち上げ、世界5ヵ所を紹介しています。その番外編として、イスタンブールでの思い出やこぼれ話などを紹介します・・・

今、こんな旅がしてみたい!編集部 M

「旅に出たいけれど、どこがおすすめ?」

そんな声に地球の歩き方編集部がお応えする雑誌、『今、こんな旅がしてみたい!(2015年版)』が2014年12月18日に発売になりました。

毎年、行くべき旅先をさまざまな切り口でお伝えしている本誌。毎号、体当たり企画が多いのもそのひとつの特徴です。今号では、「1日1万円旅行社」という架空の旅行会社を誌上に立ち上げ、「1日1万円の予算でどこまでできるか?」という挑戦を、世界5ヵ所(トルコ、南アフリカ、エストニア、フィンランド、台湾)を舞台に行ないました。

今回は、『1日1万円旅行社 トルコ編』の番外編として、イスタンブールで訪れた2大バザールをクローズアップ!記者自身の旅の思い出やこぼれ話、おすすめのショップ情報などを紹介します。

迷路のように入り組んだグランドバザール

グランドバザールは、ブルーモスクやアヤソフィアなどの観光名所が集まる旧市街の、スルタンアフメット地区から徒歩15分ほどのところにある巨大市場。屋根付きの市場内には約4400軒もの店が軒を連ねており、その大きさは中東でも最大の規模を誇るそうです。

迷ってしまいそうなほど巨大な市場に、多種多様な品揃えのショップの数々……。

優柔不断な性格が災いして、毎回お店選びに苦戦を強いられる記者にとってまさに強敵。同行スタッフからのプレッシャーをひしひしと感じながらも、何とか取材を終えてきました。取材に協力してくれたお店と本誌に掲載するおみやげ選びに快く協力してくれたモデルさんに感謝です。


Ph01_2市場内には独特の熱気があふれている

今回、紹介させてもらったのはジュエリー、トルコ陶器、オヤ&刺繍グッズを扱う3店舗。なかでも特におすすめしたいのはかわいい花柄モチーフのオヤ&刺繍グッズが揃う、ジャンバズ。「オヤ」というのはスカーフのすそに付ける小さな飾りのことで、トルコの伝統的な手芸のひとつ。普段の着こなしにちょっとしたアクセントを加えてくれる手づくりオヤは、日本でもブレイクの予感!?

Ph02_2ターコイズやオスマンモチーフのジュエリーが揃うミモッザ


Ph03_2オリエント・イズニックでは伝統の柄が入ったトルコ陶器を扱う

ミモッザ Mimozza
住所:Cevahir Bedesteni Şerifağa Sokak (Old Bazar) No: 203
URL:www.mimozza.com.tr

ジャンバズ Cambaz
住所:Halıcılar Caddesi No: 82
URL:www.cambazgift.com

オリエント・イズニック Orient iznik
住所:Divrikli Terziler Sok. No.19-21-25
URL:なし

Ph040506_2上)オヤが付いた可愛いタオル
下)首元を華やかに飾ってくれるネックレス
右)1点物のストールも人気

ガラタ橋を渡ってエジプシャンバザールへ

新市街で取材を終えた帰りに、現地の方におすすめされたエジプシャンバザールへ立ち寄ってみました。新市街、旧市街間の移動はトラムに乗るのが一般的ですが、新市街のガラタ塔から旧市街のバザールまでは歩いても20分ほどの距離。途中にあるガラタ橋では、魚釣りに興じる市民の姿や名物のサバサンドの食べ歩きが楽しめます。

Ph070809_2左)ガラタ塔は新市街のランドマーク
上)係留された屋台船でサバサンドを購入
下)熱々のサバにレモン果汁をかけて食べよう


エジプシャンバザールは各種香辛料やトルココーヒー、乾物、伝統菓子を扱うショップがずらりと並ぶ活気のある市場です。とりわけ香辛料の品揃えが豊富なことから、香辛料市(スパイスバザール)ともいわれています。取材に協力してくれた現地の方をはじめ、トルコ在住の日本人もこの市場で食料品を購入することが多いそう。通りを歩くとひっきりなしに日本語で声をかけられることに驚くけど、お店の人はみんなフレンドリー。気になる商品は買う前に試食させてもらいましょう。

Ph10_2ガラタ橋の旧市街側からすぐの場所にある

Ph11_2トルコ料理に欠かせないスパイスが揃う

Ph12_2バザール周辺ではチャイセットなどが安く売られている

今回取材で訪れて、改めてトルコは親日家が多い国なのだと実感。そして日本人女性がモテるという噂は本当でした。露店で売られていたコマをモデルさんがタダでもらっていたので、自分も欲しいと言ったら「お前は4リラ払え」との手厳しいひと言……笑。

そんな素直であけすけな部分も嫌いじゃないと思えるくらい、滞在中は楽しい思い出がたくさんできました。皆さんも素晴らしい世界遺産、美味しい食べ物、ユニークな人の魅力がいっぱい詰まったトルコをぜひ旅してみてください。

(女性モデル:こままりえ/衣裳提供:MISCH MASCH)


■書誌DATA


ダイヤモンドセレクト
今、こんな旅がしてみたい! 2015年版

地球の歩き方編集室
定価(税別):824円
発行年月:2014年12月
判型:A4変 造本:並製 頁数:152


こちらも好きかも

駅弁あれこれ@台湾を鉄道でぐるり

ついに登場丸ごと台湾!新刊「aruco台湾」であったか冬旅♪

韓国・釜山の行列ができる屋台スイーツ「シアホットック」

韓国・釜山の行列ができる屋台スイーツ「シアホットック」

韓国南部の町「統営」のキュートな壁画村をお散歩!

韓国南部の町「統営」のキュートな壁画村をお散歩!

秋のおすすめ料理♪ by最新刊「MOOK台湾の歩き方」

秋のおすすめ料理♪ by最新刊「MOOK台湾の歩き方」

フィンランド南東部、北カレリア地方の修道院と木の教会

フィンランド南東部、北カレリア地方の修道院と木の教会