編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

「地球の歩き方」編集部:H
空中からの視点が体験できる空撮映像はいつ観ても楽しめるが、この映画はさらに超高画質と言ってもいい、すばらしい映像美まで堪能できる。『アルプス天空の交響曲』をご案内します・・・

「地球の歩き方」編集部:H

圧倒的な映像美

空中からの視点が体験できる空撮映像はいつ観ても楽しめるが、この映画『アルプス天空の交響曲』はさらに超高画質と言ってもいい、すばらしい映像美まで堪能できる。撮影に使用したカメラ(価格は50万ユーロ=6500万円!)はアメリカの諜報局が開発したもので、サスペンス系映画でよく見ることができる上空からの極端なクローズアップ映像を、実写で体験することができる。

撮影にはヘリコプターを使用している。映像では動物たちにかなり近づいているにもかかわらず、群れが逃げる気配はない。また登山家たちの姿も、ヘリの風が影響を与えるのではないかと心配になるほど近くに写っている。これらの映像がズームインによって撮られたことに気づいたのはパンフレットの解説を読んでからのこと。まさか500mも離れたポジションからの撮影とは微塵も感じられなかった。

カメラの高性能ぶりを先に書いたが、映像が美しいのはカメラのオペレーターの腕がよく、ゆるぎない構図が作られていることが何よりの理由だ。ズームイン、ズームアウトのタイミングと、パンニング(カメラを振る操作)のスムーズさ。

ヘリやセスナからの撮影を体験した経験があるが、超高倍率ズームを使いながらこんな構図で撮影できるとは……。93分の空撮じゃあ、さすがに飽きるかな、と考えた自分がバカでした。


Main登山家をすぐ上から見下ろすかのようなアングルも多い


美しいばかりじゃない

高画質の画像は歴史の悲劇や現代の問題までくっきりと映し出す。第一次世界大戦の激戦地だったコル・ディ・ラーナ山(ドロミテ)に残る塹壕や要塞のあと。まるで重症のやけどを負った患者を治療する湿布のような、溶融が止まらないシュトゥバイ氷河(オーストリア)を覆うプラスチック製のマット。こんな場所でこんなことが起きていた(いる)のか、と驚かされるシーンも多い。

ナレーションは女優の小林聡美さん。単に美しい景色を見せるだけではなく、眼下でどんなことが起きているか、その場所は地元の人々やツーリストにとってどんな恩恵をもたらす場所なのかの情報も豊富に語られる。


Sub8高画質画像なので、細部まで見渡すことができる


時間をかけたロケがもたらす臨場感

空撮映像の多くは、その音声がシーンとは違っていたりBGMに置き換えられたりしている。しかしこの映画では別録りしたと思われる、そのシーンの映像とシンクロしている音声が流れ、目だけでなく耳からもその臨場感を体験できる。

これだけの映像をていねいに記録するためには相当の時間が必要だったろうと想像しながら観たが、監督によれば2週間の撮影予定だったスケジュールは実際には3カ月もかかったのだそうだ。 空撮映像の間にはタイムラプス映像も挿入されるが、その映像もダイナミックで美しい。手間を惜しまず撮影した成果を観客もスクリーンで満喫できる。


Sub2こんな画も空撮で得られたもの


スイス・リピーターは必見!

収録されている国々はドイツやフランス、イタリア、スイスがメイン。特にスイスは、旅行者が体験できるパノラマ列車上空や展望台の近くからの映像が多く、スイス・リピーターならすぐにわかるポイントがいっぱい。旅心が刺激されること間違いなしだ。

映画館で鳥になろう

全編が圧巻の映像で満たされているが、特にラスト近くの「イーグルアイ」そのものの映像はさらなる驚きを与えてくれる。切り立った山の稜線にたたずむ鷲を超超超望遠域を使って撮影したシーンはすご過ぎて脱力するほど。ビデオ撮影の経験があるならこのシーンは見逃さないで!

映像の美しさもヨーロッパアルプスの過去と現在を理解できる情報の多さも楽しめる。ぜひ映画館の大スクリーンで、鳥の視点を体験しよう!


Sub7峡谷に入っていくアングルはまさに鳥の視線そのもの

©VIDICOM 2013


■作品DATA
アルプス天空の交響曲(シンフォニー) 
ドイツ/2013年/93分
原題:A Symphony of Summits The Alps from above
ナレーション:小林聡美
監督&製作:ペーター・バーデーレ
共同監督:セバスチャン・リンデマン
カメラ:クラウス・シュトゥール
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
URL:映画『アルプス天空の交響曲』公式サイト
☆2015年4月18日よりシネスイッチ銀座ほかで公開中。全国順次ロードショー

Alps_b5_04_fixol

こちらも好きかも

寡黙なのに雄弁な映画。
チベット人監督の『草原の河』は4月29日より公開!

【プレゼント】『映画クレヨンしんちゃん』に「地球の歩き方」登場?!

ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ってきました

きみは五体投地を見たか

きみは五体投地を見たか

チャップリン・スポットを巡る ヴヴェイ観光1日モデルコース

チャップリン・スポットを巡る ヴヴェイ観光1日モデルコース

フィレンツェ訪問予定の方必見!! 映画『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』

フィレンツェ訪問予定の方必見!! 映画『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』