編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 旅するハナグマ 第2回 旅立ち編
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

旅するハナグマ 第2回 旅立ち編

『地球の歩き方』編集部 旅するハナグマ応援隊
5月29日に出た長いタイトルの旅のコミックエッセイ。読んでくれる方も大変なので略して『旅したからって…』。今回は、主人公ハナグマが旅立ちを決めたわけを明らかにします・・・

『地球の歩き方』編集部 旅するハナグマ応援隊

『旅したからって、何が変わるわけでもないけどね…。
――旅するハナグマ 世界なんとなく旅行記』 が
2015年5月29日に発売になりました!


人が旅に出る理由は、人それぞれである。

何かを見てみたい、何かをしてみたいといった目的を持っている人もいれば、
失恋からのセンチメンタルジャーニーや、
「本当の自分はこんなんじゃない」的な自分探し系や、
仕事や人間関係に疲れての現実逃避の旅など、いろいろある。

で、作者はというと、
こんな本を描いてしまうくらいだし、
きっと崇高な思いを持って旅立ったのではないか?
何か深い理由があったのではないか?
ところがである。
ぼくが旅立ったきっかけは……

「なんとなく」といっても、全く何も考えていなかったわけではないが、
学生のときにシンガポールからタイまで旅したことが、
とても楽しかったため、

と、なったわけである。
ん、あんまり何も考えてないね。

ただ、きっかけとなった出来事はあったのである。
これまで誰にも話したことないし、
たいへん恥ずかしいため、
なるべくならこの後2コマ分は飛ばしてもらえればと思う。
読むなら読むで、サッと読むように、サッとね。

大学を卒業して、ぼくはとりあえず就職した。
でも、その仕事が本当にやりたい仕事ってわけでもなかったし、
てゆーか、これといったやりたい仕事が見つからないでいたわけである。
そんなある日、当時お付き合いしていた彼女に……

と言われたのである。
今思えば彼女は、
「やりたい仕事を見つけて、それに向かってがんばりなよ。」
という意味で言ったのあろうが、
あまりにもノーテンキで子供であったぼくは、
その言葉を字面のままに受け取り……

と、アジア横断の旅に出てしまったのである……
あーーーーーーーーーーーーーー、
恥ずかしい、恥ずかしい、いやーん。
?
……でも、まあそのおかげで、
楽しいこともたくさんあったことだし、
こうして本を出すこともできたので、
当時の彼女とノーテンキなぼくよ、ありがとう。
?
出発する前というのは、
ぼくはいつも楽しみでしかたなくて、
いろんな旅に関する本を読み漁ってみたり、
こー行って、あー行って……、と旅のルート計画を立てる始末。
だったのだが、

いつもその時の気分や流れで、適当に行ってしまうのである。
なので、最近はざっくりだけで、ほとんど計画を立てなくなりました。
計画を立てるのは楽しいんですけどね、
ぼくの場合あまりにも意味がなさすぎて……
?
しかし、人によっては計画を一切立てないどころか、
外国に着くまでガイドブックすら開かない人もいる。

ぼくがインドで会ったSくん。
初海外、初インド、なのに何も調べてない、

ガイドブックは買ったが、まだ読んでいない。
インドに対してこれは、なかなかのツワモノである。
で、インドの空港に着き、さあガイドブックでも見て、
今日の宿にでも探すかと本を開いてみると……

みなさんは知っていますか?
『地球の歩き方 インド』ではなく、
今はなき『インド個人旅行マニュアル』を。

普通の『地球の歩き方』は町の情報や地図などが詳しく載っているけれど、
『個人旅行マニュアル』の方は、
パスポートの取り方とかインドまでの飛行機のこととか、
インドという国の概要的なものをまとめた一冊なのである。

個人旅行に行きたいという人が、旅する準備のために読むものなのである。
よって、町の細かい地図や宿情報は載っていないのである。

Sくん、『歩き方』と間違えて、『個人旅行マニュアル』の方を買ってしまったのである。
そして、インドに着くまでそれにまったく気がつくことなく……
はたしてSくん、どこに行ったらいいかも、
この町がどういう町でどこに安宿があるかも、何もわからず途方にくれたらしい。
タクシーに乗り、適当な安宿にたどりつき、偶然会った日本人旅行者に頼み込み、
ガイドブックの方の『歩き方』を譲ってもらい、助かったとのことである。

正直初海外、初インドでこれは、かなり大変だったのではないか。

似て非なるもの、
『インド 個人旅行マニュアル』、
実際の旅の時には、

……いえいえいえ、わたくしの気持ちではないので勘違いしないでくださいね。

そうです!Sくんがいけないのです!
 
準備のための本なのですから、それに気がつかない彼がいけないのですよ。
わたくし、アチューニは『地球の歩き方』を愛していますので、
そこのところを誤解しないでいただきたい次第でありますそうろう。


※編集部 注)
今は絶版となっている『インド 個人旅行マニュアル』は、
かつて、インド旅行をより深く楽しむためのサブガイドとして、
多くの読者様に愛読いただいておりました。
インターネットにインドを旅するための情報がなく、
Wikipediaもなかった時代、インドを知るにはいちばん、と言われていました。

「インドの宗教」で数十ページ、「インドの伝統文化」数十ページという
インド好きにとってはなかなか濃い内容でした。
副読本という位置づけのため、ガイドブックと違い、
町の紹介や観光物件の掲載はありません。
しかし、旅から帰ってきて、誰かにインドを語るときに“使えるウンチク”が
詰まった一冊だったのです。

Sさんが、ちょっとでも立ち読みしてからお買い求めいただいていたら……と
悔やまれてなりません。

ちなみに、これがSくんを窮地に陥れた
『インド 個人旅行マニュアル』(写真右)である。
(左は当時の『地球の歩き方』ガイドブック インド編)


と、今回は旅立ちに対する思いを、綴らせていただきました。

簡単にまとめると、「行きたくなったから行った」ということである。

では次回「アチューニ 心が折れる」の巻!
お楽しみに!

■書誌Data
旅したからって、何が変わるわけでもないけどね…。旅するハナグマ 世界なんとなく旅行記

書名:『旅したからって、何が変わるわけでもないけどね…。 旅するハナグマ 世界なんとなく旅行記』 (地球の歩き方 コミックエッセイ)
発売日:2015年5月29日(金)
全国の書店、オンライン書店にて発売中
品切れになる前に本屋さんにGo !
定価:1,200円+税
発行:ダイヤモンド社

こちらも好きかも

上海の歴史建築と木版年画で、春節気分を味わおう!

夕暮れからの魅惑のホイアンを楽しむ~

夕暮れからの魅惑のホイアンを楽しむ~"Happy hour" in Hoi An 『Plat ベトナム』 おすすめの歩き方

夏の特別イベント「マレーシア&シンガポール プラナカン展」8月5日(金)~7日(日)、日本アセアンセンターで開催!

夏の特別イベント「マレーシア&シンガポール プラナカン展」8月5日(金)~7日(日)、日本アセアンセンターで開催!

剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!

剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!

今度の休日は、ぷらっとベトナムへ。コンパクトガイドの決定版「plat」シリーズに『ベトナム』が登場!

今度の休日は、ぷらっとベトナムへ。
コンパクトガイドの決定版「plat」シリーズに『ベトナム』が登場!

【アメージング☆ 世界遺産スコータイ&バンコクへGO!vol.3】古都スコータイを満喫したら大都会バンコクのテッパンスポットへ!

【アメージング☆ 世界遺産スコータイ&バンコクへGO!vol.3】古都スコータイを満喫したら大都会バンコクのテッパンスポットへ!