編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 【読プレ】『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』公開記念。特製ステッカーが当たる!
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

【読プレ】『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』公開記念。特製ステッカーが当たる!

地球の歩き方編集部:K

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーらマーベルコミックスの人気ヒーローたちが集結して人類滅亡の危機に立ち向かう姿を描いた『アベンジャーズ』の続編『 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』が7月4日、いよいよ全国公開されます。今回は、本作の公開を記念して特製ステッカーを地球の歩き方の読者3名様にプレゼントいたします。

『アイアンマン3』のポスターに刻まれた「さらば ── アイアンマン。」の文字と「アイアンマン最後の戦い」というコピーに踊らされたファンもいたが(私もそのひとり)、エンディングの"Tony Stark will return"のクレジットのとおり、トニースターク=アイアンマンは帰ってきた!

「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない」
── 理論物理学者ステーヴン・ホーキング博士

今回の敵はアイアンマンの心の中に潜んでいた...。
地球外からの侵略を受けた「アベンジャーズの激戦」 ほか、人類の危機を何度も救ってきたアイアンマン=トニー・スタークだからこそ、アベンジャーズの限界を知っており、それゆえ更なる強敵に備える必要性を強く感じていた。トニー・スタークは人工知能による完璧な平和維持システム《ウルトロン》を完成させるが、人類の平和を守るはずのシステムが選択した「究極の平和」は、(『ターミネーター』のスカイネット同様に!)地球の平和を脅かす唯一の存在である人類の抹消であった。

写真左からハルク、キャプテン・アメリカ、ソー、アイアンマン、ブラック・ウィドウ、ホークアイ。本作ではアベンジャーズのメンバーそれぞれの内面やおかれている状況が掘り下げられる。自分の過去や過ちに苦悩しながら、愛する者を守るために戦う姿が感動を呼ぶ

監督・脚本はジョス・ウェドンが続投。前作の『アベンジャーズ』に続き、アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.を筆頭に、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、ソー役のクリス・ヘムズワース、ハルク役のマーク・ラファロ、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソン、ホークアイ役のジェレミー・レナーら豪華キャストが再集結した。さらに本作では、ウルトロン役のジェームズ・スペイダー、特殊能力を持つ謎の双子の姉弟役のエリザベス・オルセン、アーロン・テイラー=ジョンソンなど新戦力も加わり、壮大なスケールのアクションと深い人間ドラマが繰り広げられる。

『キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー』のエンドクレジットのなかで、ヒドラ党の基地に収容されていた特殊能力をもつ謎の双子ワンダ(スカーレットウィッチ)とピエトロ(クイックシルバー)の正体がいよいよ明らかになる。彼らは、どんな能力を持っているのか、そして敵なのか、味方なのか...

[ストーリー]

アイアンマンこと"戦う実業家"トニー・スタークが開発した<ウルトロン計画>──それは、人工知能による完璧な平和維持システム。しかし、進化と増殖を続ける人工知能ウルトロンが選択した「究極の平和」とは、地球上から人類を抹消することだった...。暴走するウルトロンによって、世界中の都市は人類滅亡の脅威にさらされ、最強チーム"アベンジャーズ"が再び結集。絶体絶命の彼らに残された最後の武器は、「愛する人を守りたい」という熱い思いだけ...。

[おまけ:スタジオ・ジブリへのオマージュ]

監督のジョス・ウェドンとプロデューサーのケヴィン・ファイギは大のジブリ・ファン。本作のCFや予告編で、ウルトロンの計画によってソコヴィアの町全体が浮上するシーンが観られるが、まさに『天空の城ラピュタ』を彷彿とさせる。また、ヒドラ党の基地襲撃後、ニューヨークに帰還したアベンジャーズが、アベンジャーズ・タワーでくつろぐシーンでは、ラピュタのロボット兵のレプリカが登場する。何気なく棚に置かれているので、お見逃しなく。

本作は全世界46カ国でNo.1を記録し、日本公開を前に『アナと雪の女王』を超えて世界歴代興行収入TOP10入りを果たしている。見どころのひとつは、韓国のソウル、南アフリカのヨハネスブルグ、北イタリアのヴァッレ・ダオスタなどの各都市で撮影された大がかりなアクションシーン

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
原題:AVENGERS: AGE OF ULTRON

2015年/アメリア映画/上映時間2時間21分

監督・脚本:
ジョス・ウェドン
製作:
ケヴィン・ファイギ,p.g.a.
出演:
ロバート・ダウニーJr./クリス・ヘムズワース/マーク・ラファロ/クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・レナー/サミュエル・L.ジャクソン
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
URL:
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』公式サイト

☆7月4日(土)より全国ロードショー!

※このページで使用した場面写真の著作権は Marvel が有しています。
©Marvel 2015 Marvel All Rights Reserved.

■書籍

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』オリジナル・ステッカー

読者プレゼント

今回『地球の歩き方』読者3名様に『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』オリジナル・ステッカーをプレゼントいたします。ふるってご応募ください!

応募締切:
2015年7月23日 午後11時59分

▼応募はこちらから
『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』オリジナル・ステッカー応募フォーム

こちらも好きかも

寡黙なのに雄弁な映画。
チベット人監督の『草原の河』は4月29日より公開!

【プレゼント】『映画クレヨンしんちゃん』に「地球の歩き方」登場?!

きみは五体投地を見たか

きみは五体投地を見たか

フィレンツェ訪問予定の方必見!! 映画『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』

フィレンツェ訪問予定の方必見!! 映画『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』

癒やしたっぷりの台湾映画『冬冬(トントン)の夏休み』

癒やしたっぷりの台湾映画『冬冬(トントン)の夏休み』

【読プレ】 Mission: 特製スパイグッズを入手せよ...。映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

【読プレ】 Mission: 特製スパイグッズを入手せよ...。
映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』