編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 心と体を癒す女子旅ならば、カリフォルニア・ソノマへでかけてみませんか
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

心と体を癒す女子旅ならば、カリフォルニア・ソノマへでかけてみませんか

松美 コーレス(ワイナリーツアー・コーディネイター)
今度の休みは、仲良しの女友達と旅へでかけたいと思っている方におすすめは、カリフォルニアのソノマ。エレガントな避暑地としてアメリカのセレブも訪れる人気のバケーション・スポットです・・・

松美 コーレス(ワイナリーツアー・コーディネイター)


今度の休みは、仲良しの女友達と旅へでかけたいと思っている方におすすめは、カリフォルニアのソノマ! ここは、サンフランシスコから北東へ約55Km、車で約1時間~1時間半のところにあります。南仏に似た気候と雰囲気もあり、エレガントな避暑地としてアメリカのセレブなども訪れる人気のバケーション・スポットなのです。お隣のナパ・バレーと共に「ワイン・カントリー」と呼ばれ、日頃の疲れを癒すスパやゴルフも充実し、心身ともにリフレッシュできる贅沢な時間もここでは夢ではないのです。

<スヌーピーファンの聖地>
ソノマ・カウンティでまず足を運んだ場所は、サンフランシスコから北へ約90km、サンタローザにあるスヌーピー ・ミュージアムこと、CHARLES M.SCHULZ MUZEUM(チャールズ・シュルツ博物館)。今回、35年ぶりに劇場用映画として製作本作『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の上演もあり、とても気になっていました。アメリカでは、1950年から2000年まで、50年という長い月日に渡り新聞連載され、今では世界の約80ヵ国で愛され続けている、スヌーピー先駆けの人気作品「ピーナッツ」。作者、チャールズ・シュルツ氏は、アシスタントを一切使わず、資料収集はもちろん、絵や文字のすべてを自ら作成したそうです。そして、こちらの博物館も場所や建物の設計、そしてレイアウトに至るまで、シュルツ氏が監督し完成したというから、その多才ぶりに脱帽でした。


まず入口を入ると、特大のチャーリーブラウンとルーシーの展示物がお迎えしてくれます。なんとこれは、ピーナッツの漫画がプリントされたタイルが3588枚も組み合わせて出来上がった、日本人アーティストが制作した見事な作品です


ミュージアムの敷地内には、スヌーピーをテーマにしたカフェ、ギフトショップやギャラリー、そしてアイススケート場まであります。なぜ、アイススケート場が? と首を傾げてしまいましたが、シュルツ氏は、熱狂的なアイスホッケーファンとして、ホッケーの試合でMCを務めたこともあり、故郷であるミネソタ州には彼の名前が付けられたアイスホッケー場もあるというので納得しました。スヌーピーファンや地元の人にも、アイススケートを楽しんでほしいとの彼の願いも込められていたことでしょう。こちらでは、スヌーピーのアイススケート・ショーも開催されます。


スヌーピーアンドレッドバロンの展示。スヌーピーの赤い屋根の犬小屋を、第一次大戦で活躍したドイツの陸軍航空士官レッドバロンの愛機に見立てて飛んでいる様子が愛くるしいです。大人気のファイヤーキングのマグカップにもなっています


ここでは、彼の手書きスケッチや原画まで貴重なコレクションも展示されています。まるでチャールズ氏の人柄を映し出すような優しい絵、愛されキャラの登場人物、そして子供たちの身の回りに起こる小さな日常生活を温かく見守る眼差しなどにすっかり癒され、長旅で疲れていることさえ忘れてしまうほどでした。

スヌーピーは大好き! でもソノマまで行けない!という方にも、耳よりの情報があります。東京都港区六本木に2016年4月23日、「スヌーピー・ミュージアム」が開館しました!世界初のサテライト(分館)となる本ミュージアムでは、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」 の原画をはじめ、シュルツ氏の初期の作品、貴重なヴィンテージグッズや資料等も展示されています。世界中の大人から子供まで魅力し続ける愛くるしいスヌーピーの世界が東京でも楽しめます!


<個性的なワインエデュケーションが体験できる、ワインセンター>

スヌーピーの愛らしい世界にどっぷりつかった後は、お腹も空いてきたので、ソノマの大地が育んだ美味しいワインと食を求めて、さらに北へドライブ。
カリフォルニア指折りのワイナリーと成長した、ケンダル・ジャクソンのワインを飲んだことありますか? 初ヴィンテージとなる1983のヴィントナー・リザーブ・シャルドネは、アメリカ・ワインコンペティションでのプラチナメダルを受賞。雑誌ピープルで、オバマ大統領のキッチンにこちらのシャルドネがあると報じられ一躍有名にもなり、今ではアメリカのスーパーでよく見かける人気ワインなのです。ただ、今回こちらのワイナリーへ行くのではなく、101号線を走り、サンタ・ロサを30分程北上した Fulton という町にある、ケンダル・ジャクソン・ワイン・エステイト&ガーデンを訪れました。
ここは、ただワインをテイスティングするための施設ではなく、ワインにまつわることを一歩掘り下げ楽しく学べ、しかも自家菜園で収穫された旬の野菜をふんだんにつかったおいしいフード&ワインのペアリングまでできてしまうので、おいしいもの好きには、自然と笑顔があふれワクワクする時間でした。


シャトー風の豪華な建物。様々な品種のワインやデザートワイン、ワイングッズまで揃う、ギフトショップでは、ワインのテイスティング・バーもあります


なんといってもユニークなのは、施設内にワインを表現する時の香りの由来になる草花、ハーブや果物が品種ごとに植えられていて、どんな香りか実際に体験できる、ワイン・センソリー・ガーデンがあることでした。テイスティングとガーデンツアーのアクティビティーは、ワイン好きにはいち押しです。


主にカリフォルニア州で栽培されている赤ワイン用の品種ジンファンデル。黒コショウやクローブなどスパイスのアロマが特徴で、その他熟したブラックベリーやチョコレートの香りなどもあります


この自家菜園で育った野菜は、スーパーで手に入る野菜とは、ひと味もふた味も違って、口の中で野菜の生命力みなぎるパワーまで体感できて、とても新鮮でした。食べると牡蠣の味がするオイスター・リーフという葉っぱにも驚き! どれも各ワインにぴったりな食材の組み合わせでお見事。ワインとチーズ、そしてワインとチョコレートのペアリングもあるので、次回の楽しみもでき、何よりも、カリフォルニアの太陽の恩恵を感じながら食べるランチは、元気の源になりました。


「農場から食卓まで」の新鮮な食材とワインのペアリングは至福の時間


<天然ミネラル温泉が自慢の高級リゾート>

おいしいワインと食で満たされた後に向かった先は、1926年にオープンした歴史のある、Fairmont Sonoma Mission Inn & Spa。カリフォルニアのワインカントリーであるソノマに位置した当リゾートは、エレガントなスペイン風ミッション・スタイル(修道院)の建築様式が特徴です。ホテル内にはレストランは2軒あり、看板レストラン、サンテ(Sante)はミシュランで星を獲得したこともあります。『コンデナスト・ トラベラー』誌に「食事をするためだけに訪れる価値がある」と紹介され、『グルメ』誌では「新しいワインカントリー ・スタイルの最高峰」と称されたこともある実力派レストラン。ワインカントリーにあるので、こちらのワイン・リストも魅力的。


ワインカントリーらしく、ワイン樽を再利用したアウトドアー・ファニチャーが素敵です


アメリカの先住民が400年にわたり利用してきたミネラル分たっぷりのこの温泉、3つの全てのプールに天然ミネラル温泉水を使用している贅沢ぶり。まさに美肌湯なので、体内の老廃物や毒素を排出させて気分をすっきりさせたい女性には嬉しい話です。館内に天然鉱泉を有する、アメリカ国内でも数少ない高級リゾートです。ザガットより、”全米のトップリゾート&スパ・リゾート”に選出されています。


月夜を見ながらゆっくりと体を温める、ロマンティックな時間も体験できます


カップルで旅行する方におすすめなスパ・サービスは、”カップルズ・ワイン&ローズ”(Couple's Wine and Roses)というトリートメント。チョコレートとスパークリング・ワインを楽しみながら、二人で優雅にアロマバスに浸かった後、天然の抗酸化作用があるバラとグレープシード・オイルのボディケア製品を使用し、隣り合わせでマッサージを受けるという至福の90分。次回こそトライしたいです!


敷地内の手入れが整った美しい庭園も見事です。朝早く起きて、お庭を散歩すると、パワーがチャージされます


ソノマという言葉は、ネイティブアメリカンの言葉で、“谷間を照らす月”という意味があり、太陽の光が人々の生活を育む光ならば、月の光は人々の心や体を癒す光といった意味合いも含むそうです。なんだか聞いているだけで、自然とエネルギーが沸いてくる感じがしませんか? 私には、ギラギラするパワースポットではなく、穏やかにエネルギーを充電してくれるパワースポットのように感じました。隣のナパと比較すると、華やかさと知名度もまだありませんが、ソノマはまるで絵葉書のような美しい景色が広がり、心も体もすっかり癒してくれる、ある意味穴場的なスポットで、これから何度も足を運んでみたいお気に入りの場所になりました。


Data

■CHARLES M.SCHULZ MUZEUM チャールズ・シュルツ博物館

住所:2301 Hardies Lane Santa Rosa, California 95403, USA
TEL:707‐579‐4452
入場料:US10ドル(19歳以上) / US5ドル(4~18歳、62歳以上のシニア)
開館時間:平日 11:00~17:00、週末10:00~17:00
閉館日:火曜日(6月から8月を除く)1月1日、7月4日、12月24、25日など
URL:schulzmuseum.org


■スヌーピー・ミュージアム

住所:東京都港区六本木五丁目6番地
開館時期:開館中~2018年9月25日(予定)
URL:www.snoopymuseum.tokyo


■Kendall-Jackson Wine Estate & Garden ケンダル・ジャクソン・ワイン・エステート&ガーデン

住所:5007 Fulton Rd. Fulton, CA 95439
TEL:707‐571‐8100
料金:
ワイン・テイスティング(毎日催行)US25ドル(お一人様)
(11:00am, 1:00pm and 3:00pm )
ワイン&フード・ペアリング US40ドル(お一人様)
URL:www.kj.com/kendall-jackson-wine-estate-and-gardens


■Fairmont Sonoma Mission Inn & Spa フェアーモント・ソノマ・ミッション・イン&スパ

住所:100 Boyes Blvd. Sonoma , CA 95476
オークランド国際空港から約97km、サンフランシスコ国際空港から約108km
TEL:707‐938‐9000
URL:www.fairmont.com/sonoma/

取材協力:カリフォルニア州観光局(Visit California)

こちらも好きかも

ギリシア・ペロポネソス半島の旅 vol.2【ネメア】情熱のワイン伝道師に酔う

ギリシア・ペロポネソス半島の旅 vol.2
【ネメア】情熱のワイン伝道師に酔う

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

第19回 雨と風と虹と──2014ホノルルマラソン

第19回 雨と風と虹と──2014ホノルルマラソン

【ユタ州・セントジョージ】大人の大運動会!――帰ってきた! グランドサークルの旅・その2

【ユタ州・セントジョージ】大人の大運動会!
――帰ってきた! グランドサークルの旅・その2

【ザイオン国立公園】ザ・ナローズを歩く――帰ってきた! グランドサークルの旅・その1

【ザイオン国立公園】ザ・ナローズを歩く
――帰ってきた! グランドサークルの旅・その1

第18回 今年も、来年も「ホノルルを走ろう!」

第18回 今年も、来年も「ホノルルを走ろう!」