編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!

「地球の歩き方」編集室:た
伝統的な民間芸術のひとつである切り絵。剪紙と呼ばれる中国の切り絵は、5~6世紀の南北朝時代から興きて2009年には世界無形文化遺産に登録されました。その剪紙にまつわる展覧会が都内2ヵ所で行なわれます・・・

「地球の歩き方」編集室:た


どんよりした梅雨が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。雨降りの日は、できれば外に出ないでのんびり過ごしたいですよね。のんびりし過ぎると退屈しますから、手を動かして何か書いたり作ったりして時間を潰したくなりますね。そんなときこそ、そう、剪紙(せんし)です!

切り絵は全世界のあちこちに伝わる伝統的な民間芸術のひとつですが、とりわけ剪紙と呼ばれる中国の切り絵の歴史は深く、5~6世紀の南北朝時代には記録が残っていると言われ、2009年には世界無形文化遺産に登録されました。

その剪紙が今この時期になぜか熱い!

梅雨真っ盛りの6月下旬から梅雨明け目前の7月上旬にかけて、都内2ヵ所でそれぞれに剪紙にまつわる展覧会が行なわれます。加えて、剪紙を体験できる機会も設けられていますので、梅雨の晴れ間に作品を鑑賞しつつ技術を学び、雨ザーザーの日にはご自宅で剪紙をなさるというこの季節ならではのプログラムはいかがでしょうか。

まず飯田橋の日中友好会館 美術館では、6月23日から「中国紙工芸展」が始まります。2015年に上海工芸美術博物館で開催された「上海オリジナル紙芸展」の展示作品から選りすぐりのおよそ60点が展示されるとともに、同日には上海派切り紙国家級芸術伝承者である奚小琴氏による実演が行なわれ、翌週の6月30日には、お茶の水 おりがみ会館のご指導による「折り紙・切り紙教室」も開催されます。教室への参加は無料ですが、要事前申込。詳しいお申し込み方法はこちらをご覧ください。

そして虎ノ門の東京中国文化センターでは、7月5日から「秦風漢韻・中国剪紙芸術展」を開催。日中友好会館での展示が上海の切り絵であるのに対しこちらは陝西省の切り絵で、続けて鑑賞すればその作風の違いをよく理解できることでしょう。西安、咸陽、延安などからおよそ60点が展示され、なかでも国連から“中国民間工藝美術大使”と名付けられた剪紙師・庫淑蘭氏の作品が目玉となります。さらに初日には西安剪紙学会会長の韓靖氏による剪紙実演と、翌々日の7月7日には同氏による「中国剪紙体験」も用意されています。こちらも無料で要事前申込。「剪紙体験講座参加申込」と明記して、お名前、フリガナ、お電話番号とメールアドレスを、ファクス(03-6402-8169)かメール(info@ccctok.com)で東京中国文化センターまでお送りください。

いずれの体験教室も先着20名までですので、ご興味ある方はお早めに。

奇しくも都内で揃い踏みとなった剪紙の展覧会と体験講座。この珍しい機会にぜひお楽しみを!

■「中国紙工芸展 ~2015上海オリジナル紙芸展より~」

会期:2016年6月23日(木)~7月12日(火)
休み:月曜日
開館:10:00~17:00
   ※初日(6/23)は15:00~開幕式
料金:無料
場所:日中友好会館 美術館
交通:都営地下鉄「飯田橋」駅C3出口より徒歩約1分、JRおよび東京メトロ「飯田橋」駅より徒歩7分、東京メトロ「後楽園」駅より徒歩10分
お問い合わせ先:
公益財団法人日中友好会館 文化事業部
Tel(03)3815-5085
〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3
URL:美術館催事スケジュール>..>中国紙工芸展

主催:公益財団法人日中友好会館、上海工芸美術博物館
協力:上海民間文芸家協会、上海工芸美術学会、PAOSNET上海
後援:中華人民共和国駐日本国大使館、公益社団法人日中友好協会、日本国際貿易促進協会、一般財団法人日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、一般財団法人日中経済協会、一般社団法人日中協会、お茶の水 おりがみ会館


■「秦風漢韻・中国剪紙芸術展」
会期:2016年7月5日(火)~7月8日(金)
開館:10:30~17:30
   ※初日(7/5)は15:30から、最終日(7/8)は15:00まで
料金:無料
場所:東京中国文化センター
交通:東京メトロ「神谷町」駅より徒歩5分、東京メトロ「虎ノ門」駅より徒歩7分
お問い合わせ先:
東京中国文化センター
Tel(03)6402-8168
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F
URL:東京中国文化センター
主催:東京中国文化センター、中国西安剪紙学会
後援:中華人民共和国駐日本国大使館、公益財団法人日中友好会館、日中友好議員連盟、一般社団法人日中協会、一般社団法人東京華僑総会、日本きりえ協会、東京きりえ美術会



風や水や雪など自然の営みを人の姿で表現する『四季の歌』(奚小琴)


春節のランタンを果実に見立てた繊細な立体作品『果実』(黄麗蓉)


“モナリザのように美しい”と評される『剪花娘子座像』(庫淑蘭)


氏の作品群は民間美術の国宝とも言われている。こちらは『三果花』(庫淑蘭)

こちらも好きかも

上海の歴史建築と木版年画で、春節気分を味わおう!

夕暮れからの魅惑のホイアンを楽しむ~

夕暮れからの魅惑のホイアンを楽しむ~"Happy hour" in Hoi An 『Plat ベトナム』 おすすめの歩き方

締め切り間近 【読プレ】5年ぶり7回目、リアリズムに裏付けされた中国現代美術が一堂に!

締め切り間近 【読プレ】5年ぶり7回目、リアリズムに裏付けされた中国現代美術が一堂に!

ルーマニア 世界遺産 モルドヴァ地方の教会群と修道院

ルーマニア 世界遺産 モルドヴァ地方の教会群と修道院

旅するハナグマ 第13回 クリスマスとか編

旅するハナグマ 第13回 クリスマスとか編

旅するハナグマ 第12回 食事編その1

旅するハナグマ 第12回 食事編その1