編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 新刊「南極大陸 完全旅行ガイド」で涼みませんか?
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

新刊「南極大陸 完全旅行ガイド」で涼みませんか?

「地球の歩き方」編集部:ペンギン隊長
「南極大陸 完全旅行ガイド」

南極に行きたいですかーっ?

おーいいねぇ、と応じた方。本気で行きたいですかーっ?

おー本気本気、と答えた方。本当に南極行きを実現させるための「南極大陸 完全旅行ガイド」、作ってみましたーっ☆

「南極大陸 完全旅行ガイド」

さて、問題です。南極大陸はどのくらい広いでしょう? ――答えは日本のおよそ37倍、約1400万平方キロメートル。その98%が氷におおわれています。

南極最高峰はヴィンソン・マシフ山、標高4892m。3500m連なる南極横断山脈があり、3000m級の活火山もあるんですよ。

南極最高峰ヴィンソン・マシフ山  Mt. Vinson Massif

日本の昭和基地をはじめ、現在世界各国の観測基地が70ヵ所あります。

思わず「タローっ!ジローっ!」の名シーンが脳裏によみがえりますが、実は今や年間30,000人以上の観光客が南極を訪れているのです。ご存知でしたか?

南極クルーズ乗客たち

なんだー。じゃ、次の休みに行こうかなー南極。・・・といきたいところですが、南極上陸には事前に環境省への届出が必要です。

また、どこにでもお邪魔していいわけではなく、上陸できる場所も限られています。

だから、ほとんどの人は南極クルーズに参加するのが一般的で、南極行きの船も50隻以上運航されています。

南極行きの船

南極といえば絶対ペンギンとご対面したいっ!という方も多いのでは?

皇帝ペンギンを含め、全8種類が南極とその周辺島に生息しています。

でも漠然とどこにでもいるわけではないので、どの子達の姿を見たいかで自ずと旅のプランも変わってきます。

皇帝ペンギンの赤ちゃんたち

この広大な氷の世界の生態系を担う、ペンギン以外の生物~アザラシ、オットセイ、イルカ、クジラ、カモメ、アホウドリなども、各所でそのダイナミックな姿を拝むことができます。

南極大陸の生き物たち
南極大陸の生き物たち

ぜひ、遠いようで近い(?いや、遠いですけど^^;)南極を、ご自分の目で確かめに行きませんか?

白銀と蒼海、コバルトブルー色の氷とのコントラスト。本書でひと涼みついでに、南極体験を本気でねらってみてはいかがでしょう♪

「南極大陸 完全旅行ガイド」

■書籍

地球の歩き方GEM STONE 066
南極大陸 完全旅行ガイド

編集:
地球の歩き方編集室
判型/造本:
A5変並製
本文:
128ページ
定価:
1500円+税
発行年月:
2016年7月
ISBN:
978-4-478-04931-0
詳細ページ
⇒こちら

こちらも好きかも

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」 出版記念スペシャル対談 プロが語る南極ツアーの魅力とは? 後編

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」
出版記念スペシャル対談
プロが語る南極ツアーの魅力とは? 後編

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」 出版記念スペシャル対談 プロが語る南極ツアーの魅力とは? 中編

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」
出版記念スペシャル対談
プロが語る南極ツアーの魅力とは? 中編

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」 出版記念スペシャル対談 プロが語る南極ツアーの魅力とは? 前編

「GEM STONE 南極大陸完全旅行ガイド」
出版記念スペシャル対談
プロが語る南極ツアーの魅力とは? 前編

映画『earth』かつてないスケールの地球ドキュメンタリー〈旅の誘い度★★★〉

映画『earth』かつてないスケールの地球ドキュメンタリー〈旅の誘い度★★★