編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > ついに登場丸ごと台湾!新刊「aruco台湾」であったか冬旅♪
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

ついに登場丸ごと台湾!新刊「aruco台湾」であったか冬旅♪

「地球の歩き方aruco 台湾」編集者:阿多静香&富永直美

aruco_taiwan17-18_07_796.jpg今、大人気の旅先、台湾。小籠包やマンゴースイーツなどグルメ、にぎやかな夜市、おしゃれなリノベスポットなど、何度訪れても尽きない楽しさが人気の秘密。

でも、なにより温かな台湾の人たちのもてなしにリピーターが急増しています。そんな"あったか台湾"を体感できる旅を提案する「aruco台湾」が12月16日ついに登場!

まずは、【arucoシリーズ】の看板コンテンツ、巻頭の「プチぼうけん」から担当編集者がこの冬特におすすめのプランをご紹介。

台南では、注目度急上昇中の正興街から神農街まで、人気ショップを訪ね歩くおさんぽがイチオシ。正興街にはソフトクリームやフルーツデザートなど、行列ができる人気店がいっぱい。

ショッピングやカフェでの小休止、台湾家庭料理の夕食を楽しんだら、7分ほど歩いて神農街へ。歴史あるストリート・神農街は、日暮れとともに赤い提灯に灯がともり、ライトアップされてとってもフォトジェニック。

通りに並ぶ築100年以上の古民家は、雑貨店や飲食店として営業しており、プチぼうけんのしめくくりは、ノスタルジックなバー「太古」でのカクテルタイム。

夜の神農街

■夜の神農街は撮影スポットとしても大人気


同じく台南で婚活女子要チェックなのが「運命の赤い糸」をゲットするプチぼうけん。映画『君の名は。』に登場するのは運命の赤い組紐。「赤」は運命のシンボルでもあります。

そんな「赤い糸」をゲットするため、良縁の神さま「月老(月下老人)」に会いに行きましょう。台湾各地の廟に月老は祀られていますが、arucoのおすすめはご利益別に対応してくれる台南の4大月老。「aruco台湾」を参考に良縁祈願をして、運命の赤い糸をゲットしちゃいましょ!

台南・大観音亭の月老

■台南・大観音亭の月老にLOVE♥運上昇祈願


避暑地ならぬ避寒地として冬でも温暖な港町・高雄では、フェリーで訪れる「旗津」でシーフードを満喫するプチぼうけんへご案内。

海鮮料理レストランの店先には、様々な魚をはじめ、エビ、イカなどなど、バリエ豊富な魚介類が並んでいて海鮮好きにはたまりません。高雄&台湾近海のフレッシュなシーフードを堪能できる極上ディナーは、旅の一夜をスペシャルなものにしてくれます。

高雄のグルメスポットシーフード三昧

シーフード三昧

■高雄のグルメスポット、旗津でシーフード三昧


このほか、台中のレトロかわいいリノベスポット巡り、美しいレイクリゾート日月潭や神秘の森・阿里山、SNSで話題沸騰の"台湾のウユニ塩湖"、高美湿地&彩虹眷村、夏のシーズン目指して訪れたいマンゴーの聖地・玉井など、魅力的な12の「プチぼうけん」をラインアップ。

高美湿地の夕暮れ

■SNSで人気爆発!高美湿地の夕暮れは幻想的


「aruco台湾」エリア紹介は、南部から始まり台南、高雄、台中、花蓮と太魯閣(タロコ)東部の町、台北という構成。

台中 第四信用合作社のメガ盛りスイーツ

■台中 第四信用合作社のメガ盛りスイーツ


台中では、伝統市場でローカルグルメを食べ歩いたり、茶藝館を巡ったり。そして、オールドタウン・鹿港や嘉義にも足を延ばしたり。

太魯閣をはじめ、東部は自然の宝庫。そのダイナミックな景観は必見。温泉でまったりも楽しめる東部は台湾の知られざる魅力がいっぱい。

台湾きっての大都会、台北では故宮博物院でお宝を鑑賞したり、小籠包を食べ比べたり。もちろん、大人気の九份や猫村(猴硐)もご紹介。週末は九份と猫村を結ぶ直通バスが運行されているので1日で両方さくっと楽しめちゃう。

台湾各地のご当地グルメみやげをはじめ、スーパーマーケット&コンビニ、ドラッグストアで入手可能なおみやげもarucoセレクトでご紹介。

玉井マンゴースイーツ

■夏のマンゴーシーズンを狙って出かけたい玉井


巻末の「旅の基本情報」では、空港情報や都市間のアクセスを詳しく掲載。高鐵(新幹線)と台鐵だけでなく、中・長距離バス、台湾好行バス、各都市内の交通手段などもわかりやすくガイド。初台湾という人、台北以外行ったことがないという人もスムーズに旅ができるはず。

また、はずせる別冊マップは、エリア図や高雄&台北のMRT図もあり、旅をしっかりナビ。

台北から高鐵で台中へ、台南へ。あるいは飛行機で高雄から入り、南部から周遊スタートというのもおすすめ。週末旅でも十分楽しめる台湾だけど、1日、2日プラスして「aruco台湾」で紹介している町を訪れてみて。

ホスピタリティあふれる台湾の人たちと触れ合い、土地の名物を味わえば、もっともっと台湾が好きになるはず。

"台湾Loverをひとりでも増やしたい!"~編集者のそんな思いが込められた「aruco台湾」。女子旅を力強くサポートする本書を書店でぜひ手に取ってみてください。

■書籍

「地球の歩き方aruco 30 台湾 2017-18」

編集:
地球の歩き方編集室
判型:
A5変
本文:
192ページ+別冊地図22ページ
定価:
1200円+税
発行年月:
2016年12月
ISBN:
978-4-478-04990-7
詳細ページ
⇒こちら

関連書籍

こちらも好きかも

駅弁あれこれ@台湾を鉄道でぐるり

韓国・釜山の行列ができる屋台スイーツ「シアホットック」

韓国・釜山の行列ができる屋台スイーツ「シアホットック」

韓国南部の町「統営」のキュートな壁画村をお散歩!

韓国南部の町「統営」のキュートな壁画村をお散歩!

秋のおすすめ料理♪ by最新刊「MOOK台湾の歩き方」

秋のおすすめ料理♪ by最新刊「MOOK台湾の歩き方」

癒やしたっぷりの台湾映画『冬冬(トントン)の夏休み』

癒やしたっぷりの台湾映画『冬冬(トントン)の夏休み』

大注目の最旬エリアから便利なコンビニまで徹底取材した最新版「aruco台北'16~'17」、3月18日に登場!

大注目の最旬エリアから便利なコンビニまで徹底取材した最新版「aruco台北'16~'17」、3月18日に登場!