編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ってきました
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

ドイツ・ニュルンベルクのクリスマスマーケットに行ってきました

「地球の歩き方」プロデューサー 弓削貴久

「クリスマスマーケット」といえばドイツ。
世界中から観光客が訪れるニュルンベルクのクリスマスマーケットへ

Img_3012

クリスマスマーケットは、クリスマス前の4週間を「アドヴェント(待降節)」といい、この期間にはドイツの各町で市場がたちます。主に中心街の広場に屋台が並び、クリスマスツリーに飾るオーンメントから、クリスマスグッズ、ツリー用の木までクリスマスに必要なものがなんでもそろいます。また、焼きソーセージや熱いグリューワイン、ドイツビールなどを提供する屋台も並び、飲食を楽しむことができます。昔は、クリスマスから年越しまでに必要なクリスマス用のグッズから食料品、日用品を買い揃えるための市場だったそうです。現在では、地元の方々に加え、世界中から旅行者が集まるビックイベントになりました。

なかでも「世界最大規模のシュトゥットガルト」「世界最古のドレスデン」「世界的に有名なニュルンベルク」の3つがドイツを代表するクリスマスマーケットとして、特に知られています。

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは186店舗のお店が並び、この期間中には約200万人の観光客が訪れるそうです。

ミュンヘンのクリスマスマーケットにも行きましたが、ニュルンベルクのクリスマスマーケットは、なぜ、世界的に有名なのか?  私なりに感じた魅力を5つあげます。

1.景観がすばらしい

Img_2960

第二次世界大戦ではこの町の90%が破壊されました。教会や建物を昔通りの姿に忠実に復元され、町は昔の雰囲気そのままです。その中心の広場に市が開かれるので、美しい時計台を見ながら、ショッピングや飲食を楽しむことが出来ます。  

2.クリスマスオーナメントがかわいい

Img_3023

Img_3039

Img_3103

14世紀以来、おもちゃの町として伝統があり、「国際おもちゃ市」が開かれているだけあり、木製のおもちゃやドールハウスの小物などかわいいオーナメントがたくさん。また、聖母教会に向かって整然と並ぶ屋台は、見やすく、歩きやすいのも特徴。

3.とにかくロマンチック

Img_3153

夕方になると街灯に火が燈り、町の雰囲気が変わる。観光客を乗せた馬車が走る。馬の蹄の音、美しい時計台が鳴らす鐘の音をききながら町をそぞろ歩く。これが400年前から続く伝統行事だと思うと、なんともロマンチックな気分になります。

4.子供向けクリスマスマーケットがある

Img_3064

Img_3061

普通の屋台は大人向きに作られているので背が高く。小さい子供には商品が見えにくい。ここは子供用に作られた屋台が並び、市場にはメリーゴーランドも設置され、乗ることができる。 またサンタクロースと写真を撮ることができる。家族で楽しめる市場。

5.広場近くですべてが揃う

Img_2923

Img_2901

Img_2958

主な見どころは、中央駅から旧市街の北端カイザーブルクまでの間にある。デパート、スーパーマーケット、ホテル、レストラン、おもちゃ博物館、美術館や教会などすべて歩いて回れる範囲内にあり、とてもコンパクトな町。

以上5つのポイントが、私が感じたニュルンベルクの魅力と思います。 クリスマスマーケットが開かれている中央広場から離れ、川沿いを歩いていくと、市の喧騒とは裏腹に、とても静かでフォトジェニックなポイントがたくさんあります。 まるで400年前にタイムスリップしたような本当にロマンチックな気分にさせてくれます。 

今回、取材のアテンドをしてくれたドイツ観光局の方や英語通訳の方にクリスマスマーケットやクリスマスの過ごし方について聞いてみたところ。クリスマスマーケットは1年のうち、待ち遠しいイベントの1つ。 家族と、友人と、恋人と期間中何度も足を運び、必要なものを買いにきたり、屋台で飲食を楽しんだりして過ごすそうです。そして、待ちに待ったクリスマスイブは、クリスマスツリーを飾ったリビングで家族と一緒に過ごすことがなりよりのイベントなのだそうです。毎年、オーナメントを購入しているなら豪華なクリスマスツリーになるのでは、と質問すると、「毎年、色や素材などオーナメントの種類やテーマを決めて飾りつけする。」と話してくれました。  

日本人が地元のお祭りを大切にするのと同じように、ドイツの人々の暮らしに深く結びついているとても大切なクリスマス市と感じました。

さて、最後にこれから行かれる方に歩き方をお伝えします。

クリスマスマーケットの歩き方

・とにかく寒いです。防寒対策をしっかりと。 

・ものすごい人です。貴重品には注意を払い、コートなどの内ポケットにしまっておくこと。

・石畳なので、歩きやすい靴で。

・グリューワインを是非トライして。注がれたカップは持ち帰り可能なので、カップを入れるミニバックなどがあるといい。 毎年、カップの絵柄は変わるので記念になります。

Img_3164

・ガイドさんいわく、木、金、土曜日が混むということなので、空いた日を狙うなら月曜~水曜日

ニュルンベルクのクリスマスマーケットは 12/24 pm2:00までとなります。

それ以外は、AM10:00-pm9:00  無休。

今年いけなくても来年でも是非にと思います。 ミュンヘンから近いので、ミュンヘンとこちらのマーケットを比較するのも楽しいですよ。 本当にお勧めの市場です。ぜひ、大切な人とクリスマスの思い出に。

詳しくは
ニュルンベルクのクリスマスマーケットサイト
ドイツ観光局

関連書籍

こちらも好きかも

ドイツ観光局 プレス発表会2016年のテーマは「自然、ビール、音楽」

ドイツ観光局 プレス発表会
2016年のテーマは「自然、ビール、音楽」

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

2015年は、ドイツ再統一25周年。――ドイツ観光局・プレス発表会

2015年は、ドイツ再統一25周年。
――ドイツ観光局・プレス発表会

ドイツの玄関口!フランクフルトの最新情報

ドイツの玄関口!
フランクフルトの最新情報