編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 上海の歴史建築と木版年画で、春節気分を味わおう!
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

上海の歴史建築と木版年画で、春節気分を味わおう!

「地球の歩き方」編集室:た
 日本では新年が明け、七草粥をいただき鏡開きも済ませ、着々と酉年が進行していますが、旧暦を重んじる諸国ではこれから。2017年春節の元日は来たる1月28日(土)で、お正月気分が盛り上がってきているところです。

 そんな折も折、都内2ヵ所で春節のお祝いを兼ねた催しが行なわれています。いずれも上海市歴史博物館からやってきた展示物を鑑賞しつつ、お正月に欠かせない伝統楽器の生演奏や、専門家による年画(春節に飾る縁起のよい絵柄の版画)の解説を伺う機会もあります。

「南林師範学校跡」(呂政)

■昆劇の伝習所跡である「南林師範学校跡」(呂政)


 まずは飯田橋の日中友好会館 美術館。「上海歴史建築巡り写真展」をただいま開催中です。地元上海の魅力を発掘する目的で上海市歴史博物館が開催した「私の身の回りにある歴史建築物写真コンクール」受賞作のなかから、優秀な作品が展示されています。

「馬勒別荘(モラーヴィラホテル)」(蔡青山)

■ホテルとして実際に泊まることのできる「馬勒別荘(モラーヴィラホテル)」(蔡青山)


 被写体となる建築物そのものに価値があることに加え、見事な構図で切り取られた建物の全体像や細部の造型を、鮮明な解像度で間近に見られるのは、上海歴史建築物を初めてご覧になる方はもちろん、ご自分で足を運ばれたことのある方にも、新鮮な驚きを感じられること思います。わたしは「澳門路日本式住宅」の室内を撮った作品の暗部に写り込む日用品の様子に興味を惹かれました。

「玉仏寺」(陶志軍)

■禅宗のお寺として玉仏禅寺とも呼ばれる「玉仏寺」(陶志軍)


 作品をご覧になったら、会場に設置してあるアンケート用紙にぜひご記入を。みなさんそれぞれに気に入られた展示作品を推していただいた得票数を日中友好会館 美術館のウェブサイトで発表する『上海歴史建築巡り写真:総選挙』も実施中!

 さらに旧暦の大晦日に当たる1月27日(金)には、「歓楽春節 ミュージアムコンサート」と銘打って、笛の生演奏を楽しめます。座席は要予約(定員50名)、立ち見は予約不要。14時からおよそ40分、春節を迎える気分が盛り上がること間違いなしです。

当時の風俗とともに描いた年画

■ 呉淞に開通した蒸気機関車の様子を、当時の風俗とともに描いた年画


 そして虎ノ門の東京中国文化センターでは「歓楽春節 上海旧校場木版年画展」を開催中。こちらも同じく上海市歴史博物館の収蔵物から、より春節らしく年画の展示が行なわれています。

 年画の説明は拙著のこちら(春節の風習、中国「年画」の世界を堪能しよう)をご覧いただくとして、今回展示されている年画の肝は、西洋文化と伝統文化とが融合した上海の人々の暮らしぶりが垣間見えること。例えば「琵琶は情があり」という年画に描かれるご婦人が室内で飼う小型犬を抱きかかえているのは、西洋文化の入る前の年画には見られなかった描写だそう。

 近代化以降の上海をテーマに描かれた年画についての講演会は2月9日(木)の14:00から約1時間30分。聴講をご希望の方は東京中国文化センターのウェブサイトからお申し込みを(無料)。

 いずれの会場でも、パンダグッズなど中国にゆかりのある品々が当たる空くじなしの無料抽選会も! 写真展の特賞は展示写真のA4判プリント、木版年画展の特賞は茅台(マオタイ)酒です!

旧暦になじんでらっしゃる方々には待ちに待った春節が、日本人にとってはもう終わっちゃったと思っていたお正月気分をもう一度味わえるお得なボーナス期間が始まります。飯田橋と虎ノ門での催しをお見逃しなく!

「上海歴史建築巡り写真展」
会期:2017年1月18日(水)~2月12日(日)
休み:月曜
開館:10:00~17:00
料金:無料
場所:日中友好会館 美術館
交通:都営地下鉄「飯田橋」駅C3出口より徒歩約1分、JRおよび東京メトロ「飯田橋」駅より徒歩7分、東京メトロ「後楽園」駅より徒歩10分
お問い合わせ先:
公益財団法人日中友好会館 文化事業部
Tel(03)3815-5085
〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3
URL:⇒こちら

主催:公益財団法人日中友好会館、上海市歴史博物館
後援:中華人民共和国駐日本国大使館、中国文化センター、上海市文物局、上海市撮影家協会、公益社団法人日中友好協会、日本国際貿易促進協会、一般財団法人日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、一般財団法人日中経済協会、一般社団法人日中協会、公益社団法人日本写真家協会、日本中国写真藝術協会

「歓楽春節 上海旧校場木版年画展」
会期:2017年1月20日(金)~2月10日(金)
休み:土・日曜、祝日
開館:10:30~17:30
※最終日(2/10)は13:00まで
料金:無料
場所:東京中国文化センター
交通:東京メトロ「神谷町」駅より徒歩5分、東京メトロ「虎ノ門」駅より徒歩7分
お問い合わせ先:
東京中国文化センター
Tel(03)6402-8168
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F
URL:⇒こちら
※東京中国文化センターのウェブサイトがより見やすく利用しやすくリニューアル! これを機にメルマガ会員募集中です!

主催:上海市歴史博物館、中国文化センター
後援:中華人民共和国駐日本国大使館、公益財団法人日本中国友好協会、日中友好議員連盟、一般社団法人日中協会、公益財団法人日中友好会館、一般社団法人東京華僑総会

関連書籍

こちらも好きかも

剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!

剪紙の季節到来!? 切り紙を見よう! 切り紙をやろう!

締め切り間近 【読プレ】5年ぶり7回目、リアリズムに裏付けされた中国現代美術が一堂に!

締め切り間近 【読プレ】5年ぶり7回目、リアリズムに裏付けされた中国現代美術が一堂に!

旅するハナグマ 第13回 クリスマスとか編

旅するハナグマ 第13回 クリスマスとか編

旅するハナグマ 第12回 食事編その1

旅するハナグマ 第12回 食事編その1

旅するハナグマ 第11回 旅人編その1

旅するハナグマ 第11回 旅人編その1

旅するハナグマ 第10回 音楽編

旅するハナグマ 第10回 音楽編