編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > オランダ「ミッフィー」のふるさとユトレヒトで
かわいいミッフィースポット巡ろう!
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

オランダ「ミッフィー」のふるさとユトレヒトで
かわいいミッフィースポット巡ろう!

地球の歩き方aruco編集部:上田暁世

人気のarucoシリーズに新刊オランダが仲間入りしました!
オランダの国民的アイドルといえば、うさぎの女の子「ミッフィー」。その人気は子供から大人まで、今や世界中で愛されています。作者のディック・ブルーナさんは、オランダのユトレヒトUtrecht生まれ。残念ながら今年2月に89歳で他界されましたが、故郷ユトレヒトで、60年近く創作活動を続けました。

アムステルダムから列車で約30分、オランダのほぼ中央に位置するユトレヒト

ユトレヒトには至るところにミッフィーとブルーナさんゆかりのスポットが点在しています。町の雰囲気はとってもかわいらしくて、物語の世界に入り込んだかのような気分を味わえます。運河沿いをのんびりお散歩しながら、ミッフィースポットを巡ってみましょう。

ブルーナさんの次男、彫刻家のマルクさん作のミッフィー像

かわいいミッフィーの信号。見とれ過ぎに注意!

ブルーナさんの作品やアトリエの内部は、「セントラル・ミュージアム」で見ることができます。セントラル・ミュージアムの向かいには、小さな子供たちが体験して遊べる「ナインチェ・ミュージアム」も。「ナインチェNijntje」とはオランダ語で「小さなうさぎ」を意味するミッフィーの本名。覚えておいてくださいね!

セントラル・ミュージアム内にあるブルーナさんのアトリエ

おみやげにはブルーナさんの大好物だったという老舗のお菓子屋さん「テオ・ブロム」のクッキーや、ミッフィー型のチョコレートがおすすめです。

ブルーナさんが好きだったのはバターたっぷりのサクサククッキー

上記以外にもゆかりのスポットはたくさん。詳細は新刊arucoオランダでたっぷりご紹介しています!アムステルダムから日帰りで楽しめるユトレヒト。ミッフィーの生まれ故郷にぜひ出かけてみてくださいね。

■書籍

arucoオランダ

本文:
頁数:160ページ+別冊MAP付き
定価:
本体1,200円+税
発行年月:
2017年7月
ISBN:
978-4-478-06078-0
詳細ページ
⇒こちら

こちらも好きかも

イラストエッセイスト松鳥むうさんトークイベント「日本のゲストハウスをてくてくめぐる in OSAKA」参加申し込み受付中!

夏の「フィンランド」を楽しむおすすめスポット
Best3!

最旬「香港」を制覇するスポットへ☆
SNS映えする迷宮都市・香港を遊び尽くそう!

台湾・高雄で、「イリー」と自転車さんぽ!<後篇>

台湾・高雄で、「イリー」と自転車さんぽ!<前篇>

世界の磁都「景徳鎮」から現代名匠による陶磁器百点がお披露目中!