編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > オレンジに染まる砂漠、青の町、ピンクシティ☆
モロッコで色彩の絶景を巡る♪
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

オレンジに染まる砂漠、青の町、ピンクシティ☆
モロッコで色彩の絶景を巡る♪

地球の歩き方aruco編集部:池田祐子

エキゾチックでワイルドな魅力に溢れるモロッコ。一生に一度は訪れたい、オレンジ色に染まる憧れのサハラ砂漠、町中が青色に塗られた不思議な町シャウエン、そして迷路のようなマラケシュのピンクの旧市街。 様々な色彩に彩られ、SNS映えも間違いなしのモロッコのイチオシスポットでの楽しみ方をご紹介します。

朝日に照らされ鮮やかなオレンジに染まるサハラ砂漠

■サハラ砂漠でラクダに乗って、サンライズ観賞へ

モロッコに行くならぜひサハラ砂漠を訪れたい!という人が多いはず。せっかくなら1泊2日のキャンプツアーがおすすめ。夕方ラクダの背中に乗り、メルズーガ近郊の砂漠の中のキャンプに到着。砂漠に沈むサンセットを見た後は、ベルベル人たちの自慢の音楽を聴きながらタジン鍋をいただき、満天の星を眺める。 砂漠の真ん中で一夜を過ごした後目覚めると、サハラ砂漠から昇る大きなサンライズが! 徐々に濃いオレンジ色に染まっていく砂漠はまさに絶景です。一生に一度の感動体験をぜひ!

ラクダの背に揺られて広大な砂漠を移動

大きなサンライズが砂漠を照らす。美しい風紋にも注目!

■まるでメルヘンの世界♪ 青の町シャウエンに迷い込む 

ふとした路地裏がとってもフォトジェニック♪

モロッコでいまハズせないSNS映えスポットがシャウエン。壁も窓もドアも階段もぜ~んぶブルー! 周りがすべて真っ青な狭い路地裏を歩いていると、途中ネコやジュラバを着たおじさんとすれ違ったり......、まるで別の世界に迷い込んでしまったような気分になるかも。 
「こんなものまで青いの!?」と、誰かのSNS写真で見ただけではわからなかった感動の発見がきっとあるはず。自分だけのとっておきの「ブルーショット」を狙って、ぜひ実際に散策してみてください。

シャウエンの町なかにはネコがたくさん

何から何まですべて青に塗られている

■ピンクに彩られたマラケシュの旧市街で、屋台や雑貨店巡り

夜には屋台が立ち並び、お祭りのようなにぎやかさになるジャマ・エル・フナ広場

モロッコ観光のマストシティ・マラケシュでは、旧市街の雑貨店やジャマ・エル・フナ広場の屋台巡りがかかせません。赤土の日干しレンガで造られた旧市街は見渡す限りピンクの建物。そのなかにはエキゾチックなバブーシュやカゴ、ランプなど色彩豊かなモロッコ雑貨が並びます。
写真を撮ったり、お買い物したり、屋台グルメを楽しんだり......、まさに女子がワクワク・ドキドキすること間違いなしのお祭りスポットです。

ピンク色の壁が特徴的なマラケシュの旧市街

迷宮のような旧市街のみやげ物屋にはカラフルな雑貨がギッシリ

写真©iStock

■書籍

arucoモロッコ2014~15年度版

本文:
192ページ+別冊MAP付き
定価:
本体1,200円+税
発行年月:
2014年3月
ISBN:
978-4-478-04537-4
詳細ページ
⇒こちら

地球の歩き方モロッコ2017~18年度版

本文:
352ページ
定価:
本体1,800円+税
発行年月:
2017年7月
ISBN:
978-4-478-06081-0
詳細ページ
⇒こちら


こちらも好きかも

オペラ『ドン・ジョヴァンニ』の世界観をモーツァルト自らがなぞる。
全編プラハロケの映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は12月2日より!

【新刊登場】関西の開運神社で御朱印集め、はじめてみませんか?

ベストシーズンのハノイから絶景トリップ!
世界遺産ハロン湾と少数民族の里サパの楽しみ方

幻想的でまるで夢の中のよう!おとぎの国ドイツのクリスマスマーケット6都市

【ドイツ・ミュンヘン】バイエルン国立歌劇場で、本場のオペラを!

いま台湾で「レトロかわいい」が大ブーム!
おしゃれリノベスポットを巡ろう