編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 【新刊登場】関西の開運神社で御朱印集め、はじめてみませんか?
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

【新刊登場】関西の開運神社で御朱印集め、はじめてみませんか?

「御朱印でめぐる関西の神社 ~週末開運さんぽ~」制作担当:今井歩

現在シリーズ累計24万部の地球の歩き方 御朱印シリーズ。2006年の発行から10年以上たった今も、大好評を頂いています。

御朱印とは、寺院や神社で頂ける印や墨書のことで、最近では"御朱印ブーム"と言われるほど、女性を中心に集める人が増えています。

「関西地方の神社だけを集めた本はないのですか?」という読者の皆さんの声にお応えし、関西の神社の御朱印を集めた本、御朱印でめぐる関西の神社 ~週末開運さんぽ~が2017年11月8日に登場します。

ご紹介するのは、どちらも御朱印がすばらしい、御利益が凄い、と評判の神社。神社に詳しい人や御朱印好きに調査を重ね、関西地方の約1万の神社から、縁結び、金運、仕事運、歌上達運、ペットの健康運、安眠祈願(!)まで、御利益別に124社の神社を厳選し、その御朱印を徹底的に紹介しています。

御朱印を頂く際のマナーや難しい神話は、写真とイラストでやさしく解説し、「御朱印って何?」という人、「御朱印を集めてみたいけれど、なんだかハードルが高そう」とためらっている人など、初めての人でも一気に御朱印ツウになれちゃいます! この本では、読者の方から要望の多かった「御朱印授与時間」を掲載。読者の方が確実に御朱印を頂けるように全力でサポートしています。

巻頭では「しょこたん」こと中川翔子さんと女優の内藤理沙さんのインタビューを掲載。おふたりとも「御朱印はいいこと尽くめ!」と熱く語り、お気に入りの御朱印やちょっと驚いてしまうような御利益のエピソードをたっぷり教えてくださいました。中川さんは御朱印のおかげで、引きこもり体質から脱却したそう!

今、話題の神社も徹底取材。「呼ばれた人しか行けない」とウワサの奈良・玉置神社や天河大辯財天社は、大雨のなか取材してきました(境内に入った瞬間に急に晴れてビックリ)! 週末におでかけしたい京都の神社のモデルプランや心のモヤモヤをリセットする琵琶湖の神社の情報など満載です。60年に一度しか頂けない「レア御朱印」や「最強開運アイテム」、「隠れパワスポ」も、これでもかと言うほど、もりもり紹介しちゃいます。

御朱印は参拝の証ですが、「集め始めたら幸せになった」「神社参拝で結婚や出会いに恵まれた」という参拝者の話を、神社や読者の方からたくさん教えていただきました。御朱印の取材をしたスタッフの間でも、プレゼン成功、年収アップ、交際、結婚......と、うれしい話が尽きません(詳しくは巻末の編集後記で)! 新たな趣味として「開運・御朱印あつめ」を始めて、幸せになりませんか?

また御朱印でめぐる関東の百寺<坂東三十三観音と古寺>も同時発売です! あわせてお楽しみください。

■書籍

「地球の歩き方御朱印シリーズ 御朱印でめぐる関西の神社 ~週末開運さんぽ~」

編集:
地球の歩き方編集室
判型:
A5変
本文:
144ページ
定価:
1,300円+税
発行年月:
2017年11月
ISBN:
978-4-478-82112-1
詳細ページ
⇒こちら

こちらも好きかも

オペラ『ドン・ジョヴァンニ』の世界観をモーツァルト自らがなぞる。
全編プラハロケの映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は12月2日より!

オレンジに染まる砂漠、青の町、ピンクシティ☆
モロッコで色彩の絶景を巡る♪

ベストシーズンのハノイから絶景トリップ!
世界遺産ハロン湾と少数民族の里サパの楽しみ方

幻想的でまるで夢の中のよう!おとぎの国ドイツのクリスマスマーケット6都市

【ドイツ・ミュンヘン】バイエルン国立歌劇場で、本場のオペラを!

いま台湾で「レトロかわいい」が大ブーム!
おしゃれリノベスポットを巡ろう