地球の歩き方ガイドブック編集部 > 『地球の歩き方』ガイドブック 巻頭特集

『地球の歩き方』ガイドブック 巻頭特集

いつも最旬の情報をお届けする『地球の歩き方』。最新刊の特集グラビアをご覧ください。

編集室が、今もっとも旬なアメリカの旅をご提案。エキサイティングで、驚きに満ちた「あなたの知らないアメリカ」が待ってます。巻頭特集は
・キーワードでひもとくデトロイトの楽しみ方
・ナイアガラフォールズのマ・・・

⇒もっと読む

オランダのチューリップやベルギーのフラワーカーペットなど、花の絶景スポットから、ゴッホ、フェルメール、マグリットといった人気画家ゆかりの地まで、ベネルクスの見どころをくまなく紹介。オランダ、ベルギーの国民的キャラクター「ミッフィー」「タンタ・・・

⇒もっと読む

本年度版では、湖水地方を舞台に「ピーターラビット」を生み出した作者ビアトリクス・ポターの生誕150周年にちなみ、数多くのゆかりの地を紹介しています。また、古城など歴史的建造物を巡る町歩きと豊かな自然を満喫するアウトドア・アクティビティが魅力・・・

⇒もっと読む

掲載国はイギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、スペイン、ポルトガル、イタリアの西欧10カ国とアイスランドの総計11カ国。
さらに「徹底準備編」、「詳細技術編」で、ヨーロッパを鉄道、長距離バス、LCC・・・

⇒もっと読む

LAの最新ニュースは、サンタモニカへのメトロ延伸! 2016年5月下旬よりダウンタウンから直通で行けるようになり人気再燃間違いなしのサンタモニカ。ユニバーサルのハリポタもお目見えです♪
巻頭特集では
『ホットニュース・・・

⇒もっと読む

美しい自然の景色と都市デザインを楽しむことができる北欧の国々。本書では、各国の自然と都市の両方の魅力を充分に味わうことができるよう、ところどころに特集記事やコラムを掲載しています。巻頭では、一般の旅行者でも訪問することが可能な北緯78度の島・・・

⇒もっと読む

【特集】
●ジャズクラブの歩き方
●ライブハウス・ホッピング@ナッシュビル
●エルビス・プレスリーの生涯をたどる旅
●『風と共に去りぬ』の世界
●キング牧師 激動の39年

⇒もっと読む

新たに登録された世界遺産、知られざる絶景など、これから訪ねてみたいドイツの観光地をピックアップしました。
1.メルヘンの町カッセルに誕生! グリムワールド
2.世界遺産Pick Up! ハンブルクの倉庫街とチリハウス・・・

⇒もっと読む

チェコ、ポーランド、スロヴァキアを詳しく紹介したガイドブック。最新のホテルから、伝統的なレストラン、ビアホールまで、徹底した取材をもとに「見る」「食べる」「買う」「泊まる」ための物件を掲載。歴史や文化、人物、暮らしなどのコラムも満載し、旅の・・・

⇒もっと読む

巻頭特集は世界遺産に登録されているヨーロッパ最長の氷河「アレッチ氷河」の下流の山岳リゾートエリアを取り上げました。アレッチ地方には2000m級の丘に山岳リゾートが点在しており、ハイキングコースも充実しています。それぞれの展望ポイントからの氷・・・

⇒もっと読む

・ボストンで体験したい10のこと
・最注目エリア サウスエンド
・フェンウエイパークを楽しもう
・ニューイングランド地方で体験したい6つのこと
・マサチューセッツ州の紅葉を楽しむ モホークトレ・・・

⇒もっと読む

街全体がアミューズメントパークのようなラスベガス!
ショーのはしごや絶叫マシン、お買い物に美食ざんまいと、24時間ノンストップ☆
今回の巻頭特集は、ベガスのエンタメを徹底紹介。特に、世界最高潮のクラブシーンにご注目を・・・

⇒もっと読む

●巻頭特集
スペインのなかの「もうひとつの国」バスク地方への旅
地方色豊かなスペインの中でも、その独特の文化とグルメの町として、熱い注目を浴びているバスク地方をフューチャー。 サン・セバスティアン、オンダリビア、ゲタ・・・

⇒もっと読む

色彩豊かな南仏を愛した画家たちゆかりの土地を訪ねたり、高級リゾートのモナコ、カンヌ、ニースで極上の休日を満喫したり。 最新版の特集から一部を紹介します(〇印)
〇絶景の村巡り
〇ラベンダーの香りに誘われて
・・・

⇒もっと読む

今回の巻頭特集は
●感動と驚きを求め、まだ見ぬ地へ! 一生に一度は行きたい旅
●大自然に美食、ワイン、景勝ルートも! 憧れの町、ケープタウンへ
●南部アフリカのおみやげ 
●南部アフリカ・・・

⇒もっと読む

ケタ違いに広大な自然、数千年の歴史が育む文化と芸術、13億以上の人々の活気みなぎる驚異の大国。
歴史に満ちみちた北京、伝統と現代の融和する上海。西湖を擁する杭州では龍井茶をたしなみ、華南では少数民族の変わらぬ生活にも触れた・・・

⇒もっと読む

アンコール・ワットをはじめとする、クメール美術の真髄を体現するアンコール遺跡群を徹底解説。
シェムリアップ、プノンペンなど10都市の町歩きガイドや、アプサラ・ダンス、カンボジアシルクなどのクメール文化、カンボジア料理・おみやげ紹・・・

⇒もっと読む

7000を超える島から成る群島国家フィリピン。多様な文化を飲み込んだ大都市マニラをはじめ、世界遺産の棚田やスペイン統治時代の町並み、「最後の秘境」といわれる海辺のリゾート、白砂と真っ青な海が広がる楽園の島々など、心躍らされる魅力的なエリアが・・・

⇒もっと読む

●巻頭特集
「新しくなったモンブラン・ロープウエイに乗って アルプス山脈の最高峰モンブランを見に行こう!!」
「2015年新世界遺産 パレルモ、チェファルー、モンレアーレ アラブ・ノルマン遺産を歩く」

⇒もっと読む

魅力的に変化し続ける大都市ロンドン。
本書では、観光にかかせない「観る」「泊まる」「食べる」の定番&最旬スポットを幅広く紹介することはもちろん、町の歴史や暮らしぶり、カルチャートレンドといった情報はコラムでカバーし、ロンド・・・

⇒もっと読む

●未来に遺したい文化と自然の宝物
 アユタヤー/スコータイ/シー・サッチャナーライ/カムペーン・ペッ/タイの世界遺産リスト
●タイの北、街から街へ チェンマイ ラムパーン プレー
●隠れ家ビーチリゾート ・・・

⇒もっと読む

経済成長著しいミャンマー。ビジネス渡航者にも役立つ各ホテル、町なかでのWi-Fi接続環境にも対応。指さしで注文できる料理図鑑、おみやげリスト、お寺巡りのコツを紹介。人気遺跡バガンは地図を細かく分け、どこから巡ればよいのかをわかりやすく案内。・・・

⇒もっと読む

●巻頭特集1☆話題のマストスポット
 近未来型植物園 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
 複合エンタメ施設 マリーナ・ベイ・サンズ

●巻頭特集2☆エスニックタウン散歩
 エキゾチックな・・・

⇒もっと読む

遊ぶ、食べる、買うの最新情報を、わくわくするような楽しいデザインと豊富な写真でご紹介しています。 これぞ「俺のグアム!」と満喫できる、骨太なオトコのグアム情報も必見です!・・・

⇒もっと読む

地球中を旅するカメラマン曰く「東南アジアのなかで、ラオスの食事が一番おいしい」と。首都ビエンチャンでメコンの流れを眺めなら飲むビア・ラーオは格別だ。
また世界遺産都市ルアンパバーン、なぞの石坪平野ジャール平原、山岳民族の宝庫ルア・・・

⇒もっと読む

2016〜17年度版の巻頭特集では、2016年に開催される印象派フェスティバルにちなんで、ルノワールやモネなどのゆかりの地を訪ねながら、パリからノルマンディーへと続く「印象派を巡る旅」へご案内します。さらに、長年の工事が完了した「モン・サン・・・

⇒もっと読む

特集1 アルプスの自然美とロマネスク紀行 オーストリアの絶景を味わう
今回のテーマは、アルプスの絶景ハイキング。いずれもロープウエイや登山鉄道でアクセスできるビギナーでも安心なルートです。とはいえ、そこから見る絶景は天下一品! ・・・

⇒もっと読む

陽光きらめくアドリア海と沿岸の都市と島々が織り成す独特の景観が特長のクロアチア。山と緑に囲まれ、湖群や数多くの鍾乳洞が自然の神秘を感じさせるスロヴェニア。
巻頭特集では美しい写真で旅する魅力を紹介するとともに、「古城」「古民家博・・・

⇒もっと読む

「地球の箱庭」と呼ばれるニュージーランドはまさに自然の宝庫。美しいフィヨルド、透明な湖、3000メートル級の山々などダイナミックな世界が広がっています。
本書は、トランピングや鯨&イルカウオッチング、スキーやカヤックなど、この国・・・

⇒もっと読む

アメリカ西海岸で今いちばん注目のポートランドをはじめ、ロスアンゼルス・サンディエゴ・サンフランシスコ・ラスベガス・シアトルの最旬エリアや最新ニュースが満載!
各都市ごとの特集も必見です♪ 南カリフォルニアのテーマパーク(ディズニ・・・

⇒もっと読む

2015年に関空からの直行便が就航した「大邱」、古い町並みが残る「仁川」、緑茶の産地として有名な「河東」などおすすめ地方都市の楽しみ方をご紹介。世界遺産に登録された「百済歴史遺跡地区」は歴史を紐解きながらわかりやすく解説。さらにソウル、釜山・・・

⇒もっと読む

ギリシアは神話の国。古代文明が栄えヨーロッパ文化の礎を育んだこの国は、パルテノン神殿を初めとする数々の世界遺産にあふれている。またエーゲ海の島々は、美しいリゾート地として世界中の人々を魅了する。キプロスも、アフロディテ(ヴィーナス)が生まれ・・・

⇒もっと読む

南北アメリカ大陸をつなぐ細長い帯状の地域、中米7ヶ国。グアテマラ、コスタリカ、ベリーズ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ。マヤ遺跡、伝統を守る先住民、カリブ海リゾート、エコツアーと多彩な魅力に溢れた人気の国々です。安全に、愉・・・

⇒もっと読む

明るくてオシャレな港町サンフランシスコ。巻頭折込に『SF市内主要交通路線図』を収録。超大判の地図は大変重宝します。巻頭グラビアでは、「最新ニュース」のほかに「SF&ベイエリア発ブランドのフラッグシップストア限定を狙え!」と「地球に優しい街サ・・・

⇒もっと読む

オーストラリアの魅力とは何だろう。
大きなこの大陸には固有の動物や植物も多く、大自然のスケールは想像を絶するものがある。
一般的なツアーではまず訪れないような場所にこそ、魅力的な海岸や奇景、大自然が溢れている。

⇒もっと読む

『地球の歩き方』は、編集室の現地取材と実際に旅をしてきた人たちの投稿によってできた本である。したがって、データが具体的であり、体験的なものが多いので信頼できる。
「アメリカに行ってみよう」と思った瞬間から旅は始まっている。まずは、・・・

⇒もっと読む

特集は「ヨーロッパを楽しむ」。新鮮素材と絶品グルメを食べ歩く「グルメな市場巡り」では、イギリス・ロンドンの バラ マーケット Borough Market など7つの市場を紹介しました。
ほかにも有名な牛追い祭りや火祭りなどを取り・・・

⇒もっと読む

ケタ違いに広大な自然、数千年の歴史が育む文化と芸術、13億以上の人々の活気みなぎる驚異の大国。
巻頭では四川省に残る三国志ゆかりの古道“蜀道”をクローズアップしました。
広大な中国を自分で歩き悠久の歴史と新しい息吹を感じ・・・

⇒もっと読む