海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ガイドブック > 編集部・特集記事 > 特集記事

地球の歩き方編集部・特集記事

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

最新号

私のとっておきのクリスマス・4/はじまりは「聖ニコラ祭」、そしてクリスマスへ(ベルギー)

「地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルク編」担当:平林加奈子


クリスマスシーズンのグラン・プラスは、まばゆい光の海となる

■クリスマスシーズンのグラン・プラスは、まばゆい光の海となる (c)OPT/D. Viroux

ベルギーの街は、11月中旬から「聖ニコラ祭」が近づくにつれ、華やかな衣装を身にまとうかのように飾り付けられていく。

首都ブリュッセルの中心グラン・プラスやギャルリー・サン・チュベールのチョコレート屋さんのショーウインドウも、ロマンティックに演出され、ついつい立ち止まって見愡れてしまうほど。

日本では耳なれないが、12月6日の「聖ニコラ祭」はベルギーで古くから親しまれているお祭りのひとつ。

聖ニコラは、魔女にさらわれた子供たちを救ったという伝説を持つ四世紀の司教で、子供の守護聖人。祭りの前夜、聖ニコラがロバに乗り、黒人の従者とやってきてプレゼントを渡すと言われている。だから、子供たちはロバの大好きなニンジンとジャガイモを用意して、翌朝枕元にプレゼントが置いてあるのを心待ちにしているんだそう。

それってサンタクロースのことでは?と思う方も多いはず。そう、聖ニコラは、ニューヨークに移住したオランダの清教徒によって伝えられ、オランダ語Sint Klaesがなまって、サンタクロースになったとのこと。

1829年創業の老舗菓子店ダンドワ。スペキュロスの木型を彫る職人が少なくなった今、伝統ある型はとても貴重

■1829年創業の老舗菓子店ダンドワ。スペキュロスの木型を彫る職人が少なくなった今、伝統ある型はとても貴重

ホリデーシーズンのチョコレート屋には趣向を凝らしたディスプレイが飾られる

■ホリデーシーズンのチョコレート屋には趣向を凝らしたディスプレイが飾られる


この「聖ニコラ祭」にちなんだお菓子といえば、ベルギーならではのスペキュロスが代表的。今でこそいつでも食べられるが、この時期なら聖ニコラの像をかたどった特大スペキュロスもあり、シナモンやクローブなどのスパイスが効いた素朴な甘さのビスケットは、おみやげにもうれしい一品。

スペキュロスに興味があるのなら、グラン・プラスからすぐの老舗菓子店ダンドワをのぞいてみたい。さまざまな焼き菓子の香りに満ちた店内には、貴重なアンティークのスペキュロス型も並び、老舗の伝統を感じさせてくれる。
クリスマス・マーケットには心なごむ素朴で愛らしいグッズがいっぱい

■クリスマス・マーケットには心なごむ素朴で愛らしいグッズがいっぱい (c)ベルギー観光局

そして、「聖ニコラ祭」の準備が整った12月初旬、クリスマス・マーケットが始まり、街は一層にぎやかになる。

グラン・プラスには、イルミネーションに彩られた大きなモミの木が姿をみせ、キリスト降誕の場面を再現したオブジェ「クレッシュ」が置かれる。夜には、石の彫刻のように壮麗な市庁舎をスクリーンにした「音と光のショー」も行なわれ、クリスマスムード満点。


キリスト降誕の場面を再現するクレッシュ。東方三博士が厩の飼い葉桶にやすむイエスを訪ねるシーン

■キリスト降誕の場面を再現するクレッシュ。東方三博士が厩の飼い葉桶にやすむイエスを訪ねるシーン (c)OPT/Potigny

聖カトリーヌ教会前の広場は、この時期巨大な遊園地に早変わり

■聖カトリーヌ教会前の広場は、この時期巨大な遊園地に早変わり (c)J-L vandewiele-BGE


ほかにも、証券取引所周辺や聖カトリーヌ教会周辺には、その数220にもおよぶ屋台が登場する。「ヴァン・ショー」と呼ばれるホット・ワインや季節の料理を出す店、ワッフルやシュトーレンの店、クリスマスの飾りを売る店などが軒をつらね、こうした屋台をひやかしながらそぞろ歩くのも楽しい。

その上、聖カトリーヌ教会前の広場には、観覧車やメリーゴーランド、スケートリンクまで出現! ブリュッセルの街は、すっかりお祭り気分だ。

ベルギーでは、ブリュッセルのほかにも、ブルージュ、ゲント、アントワープなど各地で、クリスマス・マーケットが開催される。

花にあふれ陽がまぶしい春や夏とはまた別の、華やかな魅力を秘めた、冬のベルギー。街角で飲む温かなホット・ワインや、宝石のようなイルミネーションは、きっといつまでも心に残る、特別の冬をくれるのではないだろうか。

ライトアップが幻想的なグラン・プラスで催される「音と光のショー」

■ライトアップが幻想的なグラン・プラスで催される「音と光のショー」


【DATA】
■ブリュッセル クリスマス・マーケット
期間:2006/12/1-2007/1/1
月-金 11:00-20:00、
土-日 11:00-22:00
http://www.plaisirsdhiver.be
(フランス語・オランダ語・英語。スケートリンクなどアトラクションの詳細のほか、簡単プランマップなどが紹介されている)

■ベルギー政府観光局 ベルギー各地のクリスマス情報
http://www.belgium-travel.jp/enewsletter/archives/2006/07/2006_2.html

■ブリュッセルの老舗菓子店・ダンドワDandoy
住所:Rue Charles Buls 14
電話:02.5126588
営業:9:30-19:00(日・祝10:30-19:00)
1・2月は9:30-18:30(日・祝10:30-18:30)
ティールーム22:00-18:00(1・2月のみ-17:30)
休日:1/1、12/25
2階はティールームになっており、ワッフルなどを楽しむこともできる。

私のとっておきのクリスマス・4
はじまりは「聖ニコラ祭」、そしてクリスマスへ のトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://blog.arukikata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/122126

ページをシェアする

Pick UP! 記事

お薦めガイドブック

ダイヤモンド社 オンラインショッピング

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright © GLOBE-TROTTER MEDIA PARTNERS Inc. © Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.
spacer