海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ガイドブック > 編集部・特集記事 > 特集記事

地球の歩き方編集部・特集記事

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

最新号

シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦

「地球の歩き方」プロデューサー:小坂伸一

ホーリー・トリニティー教会

■劇作家シェイクスピアと家族が眠るホーリー・トリニティー教会

今回は"シェイクスピア・カントリー"を旅します。
シェイクスピア・カントリー。ちょっと耳慣れないかもしれませんが、劇作家シェイクスピア(1564-1616)が生まれたストラットフォード・アポン・エイボンを中心としたハート・オブ・イングランド地方の南部を指します。ストラットフォード・アポン・エイボンには、シェイクスピアの生家を始めとして妻の実家アン・ハサウェイのコテージ、シェイクスピアと彼の家族が眠るホーリー・トリニティー教会など、文豪にまつわる見どころに満ちています。シェイクスピアが暮らしていた時代と変わらない風景−チューダー朝時代の木骨造りの家並みとエイボン川の美しい流れが、身も心ものびやかにしてくれることでしょう。
ロウワー・スローター村

■コッツウォルズの村のひとつロウワー・スローター村

英国と言えば、湖水地方と並んで人気の高いコッツウォルズ。温泉保養地として名高いチェルトナムを起点に、蜂蜜色のライムストーンの家並みの村が点在する英国の理想郷を訪れました。
アンティークで有名なストウ・オン・ザ・ウォルド村、ウィリアム・モリスが「イングランドで最も美しい村」と讃えたバイブリー村など、そこに身を置くことだけでハッピーになれる、まさに"命の保養"となる時間を体験してください。
ウエッジ・ウッドの職人

■ウエッジ・ウッドの職人さんは、仕事をしながらでも気さくに話してくれる

シェイクスピア・カントリーからは北に外れますが、ストーク・オン・トレントの郊外にあるウェッジウッドビジター・センターにも足を延ばし、実際に稼働している工場を見学。ろくろを回したり、型押しをしたりといった体験もトライ! しました。
そして、最終章を飾るのは"英国伝統の焼き菓子"です。お茶を愛する国だから、そのお茶に合うように作られたドライな焼き菓子の宝庫でもあります。当然、行く先々でお茶とケーキの出会いが待っていました。
どうぞ、ゆっくりご賞味ください。
「現地取材 シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦」はこちらから
英国伝統の焼き菓子

■旅の疲れを癒してくれる英国伝統の焼き菓子

シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦 のトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://blog.arukikata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/122088

ページをシェアする

Pick UP! 記事

お薦めガイドブック

ダイヤモンド社 オンラインショッピング

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright © Arukikata. Co.,Ltd. All rights reserved.
spacer