海外旅行の地球の歩き方トップ > ガイドブック > 編集部・特集記事 > 特集記事

地球の歩き方編集部・特集記事

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

最新号


ブラジル現地取材レポート(3) 新・世界七不思議とは? リオ・デ・ジャネイロ

「地球の歩き方」編集部:森本久嗣


「リオのカーニバル」で有名なリオ・デ・ジャネイロ。毎年2月のイベント時には世界中から観光客が押し寄せる。しかし、カーニバル以外にもリオには魅力がたっぷり。世界3大美港と称されるグアナバラ湾の景観、新・世界七不思議に選ばれた巨大キリスト像、ボサノバの名曲「イパネマの娘」を生んだ海岸など見どころや有名スポットが多い。

是非ともこのゴージャスなビーチリゾートのリオを訪れて欲しい。きっと、ブラジル人の持つ陽気なパワーと美しい景観の虜になってしまうだろう。

取材協力:大韓航空ブラジル観光省


※取材時期:2008年6月
独断で選ぶ、リオの名所ベスト3!
  サッカーファンの聖地「マラカナン・スタジアム」
  「コルコバードの丘」に立つキリスト像
  “砂糖パン”という意味の「ポン・ジ・アスーカル」
番外編、イパネマ海岸へ行きたい
[コラム]南米旅行の強い味方、大韓航空正規割引運賃「パスカル」

メイン会場

■カーニバルのメイン会場





◆独断で選ぶ、
 リオの名所ベスト3!
ブラジル第2の都市リオ・デ・ジャネイロは、複雑な地形を持つ美しい観光都市だ。入り組んだ入り江にいくつもの海岸が点在し、印象的な小丘が海辺に屹立する。

華やかなカーニバルが有名だが、リオには見逃せない観光ポイントがたくさんある。市内観光ツアーに参加すれば、チラデンチス宮殿カテドラル・メトロポリターナ、カーニバルのメイン会場(サンボドロモ)などを効率的に案内してくれるだろう。そして、以下に紹介する国際観光都市リオの名所ベスト3も是非訪れてもらいたいのだ。

マラカナン・スタジアム

■霧がなければキリスト像も見られるマラカナン・スタジアム


サッカーグッズ

■売店にはサッカーグッズがいっぱい

◆サッカーファンの聖地
 「マラカナン・スタジアム」
美しい海岸沿いを、そぞろ歩きするだけでもリゾート気分はバッチリのリオ。しかし、もしあなたがサッカーファンならば、どこにいても誰といても必ずサッカーが気になるはず。サッカー王国ブラジルのリオで、必ず訪れるべきなのがここ「マラカナン・スタジアム」だ

収容人数11万5000人を誇るこの巨大なサッカー場は、1950年の第4回ワールドカップのために造られた。2014年のワールドカップ決勝でも使用が予定されているという。平日で試合のない日には、スタジアム内の見学ができる。広いスタジアム内に立つと、きれいに整備されたピッチの芝や、遠くコルコバードの丘が見渡せる。選手の室内練習場やロッカー室、貴賓室まで見学ができるので、にわかサッカーファンでも充分に楽しめるのだ。











キリスト像

■霧の中に現れたキリスト像

◆「コルコバードの丘」に立つ
 巨大キリスト像
夜になるとライトアップされ、雲や霧がなければリオ市街からいつも見あげることができる丘の上のキリスト像。

この「コルコバードの丘」のキリスト像は、2007年に世界規模で行われたインターネット投票により、新・世界七不思議のひとつに選ばれた。昔からリオ観光のシンボルであり、たくさんの観光客がキリスト像の前で記念撮影や、美しい景観を楽しんでいる。

海抜709mの丘の上に1931年に建造されたキリスト像は、高さ30m、両手幅28mの十字架型。台座内には小さな礼拝堂が造られ、伝説の黒いマリア像が安置されている。ここもまた、ブラジル人の大切な信仰の場所なのだ。

“砂糖パン”

■“砂糖パン”と呼ばれる不思議な岩山

◆“砂糖パン”という意味の
 「ポン・ジ・アスーカル」
リオの美しい景観写真につきものなのが、このポン・ジ・アスーカル。グアナバラ湾にせり出す半島に突如ニョキッと突き出たような、不思議な岩の丘だ。

この奇岩には、2つのロープウエイを乗り継いで行くことができる。第1ロープウエイ乗り場から海抜220mのウルカの丘へ。そして、第2ロープウエイで海抜396mのポン・ジ・アスーカルの頂上へ。映画007の撮影でも使われたロープウエイも、スイス製の最新式に切り替わり乗り心地は抜群だ。ただ、あまりの高さと景色の良さに恐がる観光客もいた。それでも頂上に着くと、気持ちいい風と絶景が待っている。リオの美しい海岸線や丘々を眺めおろす気分は最高だ。


ポン・ジ・アスーカル

■コルコバードの丘から見える雨のポン・ジ・アスーカル

ロープウエイ乗り場

■ロープウエイ乗り場


◆番外編、
 イパネマ海岸へ行きたい
ほとんどの高級ホテルは海岸沿いにある。リオには、ボタフォゴ海岸やベルメーリヤ海岸、コパカバーナ海岸など有名なビーチがたくさん点在し、観光客はゆったりとビーチリゾートを楽しんでいる。

そんな中で、ボサノバ発祥の地リオで特別なのがイパネマ海岸大ヒット曲「イパネマの娘」の舞台なのだ。トム・ジョビンが通ったバー「ガロット・ド・イパネマ」があり、なんと「イパネマの娘」のモデルもご存命という。

**********************************************************
日本からは遠く、地球の裏側のような気がしていたブラジルだが、今回の取材を通して日本との深い繋がりや大自然のすごさを感じることができた。便利でリーズナブルな大韓航空のブラジル路線の登場が、南米をもっと身近なものにしてくれるだろう。マチュピチュやガラパゴス、イースター島、イグアスの滝やアマゾンなど、南米には最後の秘境といわれる観光資源が充実している。是非、皆さんにも南米を訪れて欲しい。


■COLUMN
 南米旅行の強い味方、
 大韓航空正規割引運賃「パスカル」

タム航空

■正規割引運賃パスカルを使ってブラジル国内を回る場合はタム航空を利用する

パスカルとは、大韓航空の正規割引運賃の名称。正規運賃の最大約80%割引の運賃で、とってもお得なだけでなく、当日の出発直前に購入できたり最大4ヵ月滞在できたりと大変使い勝手が良い。しかも復路予約便の日にち変更までできるので、大変ありがたい。2008年6月2日に7年ぶりに運航を再開した仁川〜ロスアンゼルス〜サン・パウロ路線の運航スケジュールとお得なパスカルの料金を紹介しよう。

詳しくは大韓航空のホームページで
http://www.koreanair.com

運航スケジュール例とパスカル料金
・運航スケジュール例
(往路)成田17:00発→仁川19:25着2045発→L.A.16:20着19:30発→サン・パウロ11:00+1日着
(復路)サン・パウロ13:30発→L.A.21:30着01:30+1日発→仁川05:50+2日着09:15発→成田11:30着
・パスカル料金例
全国13空港発 サン・パウロ行き(8月4日〜9月30日、往復183,000円、片道129,000円)
*10月1日以降の出発料金は、別途旅行代理店等にご確認ください
*上記運賃以外に、燃油サーチャージや各空港税などの諸税が加算されます


【関連記事はこちら】
ブラジル現地取材レポート(1)
日伯移民100周年に華を添える、南米への新ルート


ブラジル現地取材レポート(2)
地響きおこす大瀑布、世界遺産「イグアスの滝」

ブラジル現地取材レポート(3) 新・世界七不思議とは? リオ・デ・ジャネイロ のトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://blog.arukikata.co.jp/cgi-bin/blog-mt/mt_arukikata_tb.fcgi/3811

Pick UP! 記事

お薦めガイドブック

ダイヤモンド社 オンラインショッピング

spacer
縺雁撫縺蜷医o縺帛井ク隕ァ | 繝ェ繝ウ繧ッ縺ォ縺、縺縺ヲ | 驕句霧莨夂、セ縺ィ蛟倶ココ諠蝣ア蜿匁桶縺ォ縺、縺縺ヲ | 謗。逕ィ諠蝣ア | 繝励Ξ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケ | 縺薙ョ繧オ繧、繝医↓縺、縺縺ヲ
spacer
spacer
Copyright ツゥ GLOBE-TROTTER MEDIA PARTNERS Inc. ツゥ Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.
spacer