海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ガイドブック > 編集部・特集記事 > 特集記事

地球の歩き方編集部・特集記事

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

最新号

黄金の道カミノ・デ・クルセスを行く

「地球の歩き方」ライター:前原利行

オリジナルの石段

■自動車道を挟みオリジナルの石段が見える

パナマ運河が開通する以前、太平洋と大西洋を結ぶ道として16世紀にスペインが作った街道が、パナマ・シティ郊外のソベラニア国立公園内に残っている。当時、インカ帝国の黄金など太平洋岸の富は、まずパナマ(現在のパナマ・ビエホ)に集められ、そこから大西洋に通じるガトゥン湖Lago Gatunの上流の村Venta de Cruces(現在は遺跡)までは陸路、そこからは水路で大西洋側に運ばれ、サン・ロレンツォ要塞などを経由してスペインへと船出していた。このルートのうち陸路の部分が、「カミノ・デ・クルセスCamino de Cruces」と呼ばれる古街道なのだ。
かつて街道を守っていた大砲

■かつて街道を守っていた大砲

森の中へ続く石畳の道

■森の中へ続く石畳の道

イギリスの海賊ヘンリー・モーガンが、パナマ(パナマ・ビエホ)を攻略するときに通ったのもこの道だ。海賊だからといって、必ずしも海から攻撃するとは限らない。モーガンは大西洋岸から1200人の海賊を引き連れてこのカミノ・デ・クルセスを通り、パナマ・ビエホを攻撃した。モーガンが大西洋岸へ戻る帰路には、それに多くの財宝と奴隷として売られる600人の住民が加わった。
今回この街道の一部を歩いてみた。全長10kmあまりのこの古街道の大部分は、現在ソベラニア国立公園内にある。公園管理事務所で入園手続きし、ガイドを勤めるレンジャーと共にカミノ・デ・クルセス入口へと車で向かった。近年、この街道のほぼ中央を分断するように、パナマ〜コロンを結ぶ新しい自動車道が造られた。その分断地点が、カミノ・デ・クルセスを歩く入口となる。
熱帯雨林の中のカミノ・デ・クルセス

■熱帯雨林の中のカミノ・デ・クルセスを行く

当時の石畳

■当時の石畳が今も残っている

車を降りると、目の前に古い大砲があった。レンジャーによればスペイン時代のものだという。乾季のためか、辺り一面に落ち葉が落ちている。しかし足で落ち葉を払いのけると、石畳で舗装された道は簡単に見つかった。私たちはその道の上を歩き、パナマ運河のほうへ向かって森の中へと進んでいった。道には多少の起伏はあるが、おおむね平坦。たまに開けた草むらに出ることはあるが、道の大部分はうっそうと茂った熱帯雨林の中だ。
ロバの足跡

■ロバの足跡が残っている

かつてこの道を通った黄金や財宝は、ロバやアフリカから連れてこられた黒人奴隷らによって運ばれた。ロバが何度も同じところを通ったため、足の形にえぐれてしまった穴をレンジャーが教えてくれる。この道は必ずしも安全ではなかった。初期には毒矢を持ったインディオが、やがて金や貴重品目当ての強盗や追いはぎが出没するようになる。そのなかには逃亡奴隷もいたという。
カエル

■途中で見つけたカエル

葉切りアリ

■道を横切る葉切りアリ

1848年にアメリカで起きたゴールドラッシュ時には、金を求めて東海岸からカリフォルニアへ向かう人々もこの街道を通った。大陸横断鉄道が開通する1869年以前のアメリカでは、陸路の横断は危険が伴う上、時間も非常にかかった。そのため船で大西洋を南下し、パナマ地峡を通って太平洋岸に抜け再び船で北上し、カリフォルニアへ向かうというルートが一般的だったのだ。なかには黄金を手に入れたにもかかわらず、ここで命を落とした者もいたことだろう。
1855年のパナマ鉄道の開通と共にこの街道を行く者の数は減った。さらに運河の開通による村の水没、運河の両脇がアメリカの主権下に入ったこともあり、このカミノ・デ・クルセスは、いつしかその存在も忘れ去られていった。
石畳みの道はほとんど落ち葉で隠れてしまっているが、足の裏ではしっかりと硬い石を感じる。1時間半ほど歩くと、小さな川に出た。今回は半日ウォーキングなので、ここが折り返し地点になる。カミノ・デ・クルセスの大部分は森の中の道ということもあり、今回僕が歩いたルートでも数種類の野鳥やカエル以外、ほとんど動物を見かけなかったが、レンジャーによれば日によって、もっと多くの野鳥が見られるという。
現在、国立公園はこの道を整備してハイキングコースにしているが、まだまだ訪問客は少ない。レンジャーの話では、やがてこの道の管理は民間へとひきつがれるのだそうだ。歴史的には重要なこのカミノ・デ・クルセスだが、旅行者の観光コースとしてはまだまだ知られていないようだ。
■DATA
【アクセス】

パナマ・シティからソベラニア国立公園管理事務所や公園内へは、公共交通機関がないので、パナマ・シティで車をチャーターするか、旅行会社でツアーを組んでもらうといい。
【見どころ・データ】 ソベラニア国立公園 開園 7:00〜16:00 料金 US$5 電話 232-4192 URL http://www.anam.gob.pa

黄金の道カミノ・デ・クルセスを行く〜ソベラニア国立公園 パナマ・シティ のトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://blog.arukikata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/122076

ページをシェアする

Pick UP! 記事

お薦めガイドブック

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright © Arukikata. Co.,Ltd. All rights reserved.
spacer