海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ガイドブック > 編集部・特集記事 > 特集記事

地球の歩き方編集部・特集記事

カテゴリー

新着記事

バックナンバー

最新号

いま最も行きたい旅先 台湾最新レポート2013

●●「地球の歩き方」:プロデューサー 弓削貴久●●

台湾仕様罫線

『地球の歩き方』ホームページによる「この冬はココに行く!海外旅行人気ランキング」で1位に選ばれた台湾に行ってきました。
実は、今回の訪台の目的は、世界最大規模の旅行博の出展でした。その合間に、活気あふれる台湾の街で楽しい時間を過ごしました。どこもかしこも懐かしい風景と優しくて元気のある人々に元気をもらってきました。

取材協力: グロリアプリンスホテル台北
※取材時期:2013年10月

台湾仕様罫線

小籠包ほか台湾を食す
ノスタルジーを感じる。どこか懐かしい九份へ
台湾で泊まるなら

小籠包ほか台湾を食す

台湾の旅行博(俯瞰)

■台湾の旅行博は世界最大規模だ。アルゼンチン、チリ、オランダ、ポーランド、マレーシア、韓国、香港など60カ国・地域から1,350ブースが出展

■10月18日〜21日の4日間、延べ31万人が来場。例年50億円の旅行商品の売上高があるという

■日本からも過去最大規模の110ブース 49団体が参加。破格の旅行商品を売るため、数千人の申し込みを受ける会社もあるそうだ

小籠包

■小籠包 - これを食べずには帰れません

海老チャーハン

■海老と卵のからみが何ともいえずおいしい

今回の訪台の目的は、世界最大規模の旅行博の出展でした。その合間に、短時間ですが活気あふれる街と優しい人々に触れ楽しい時間を過ごしました。

何をおいてもまずは台湾を食す、からスタートしました。
当然、絶対外せない「小籠包」から。名だたるお店を食べ比べてみました。

まずは、一番の行列店県秦豊(ディンタイホン)。NYタイムズで「世界の人気レストラン10店」にも選ばれるほどの実力店。
まず驚いたのが、店員のてきぱきとしたサービスの様子です。
スタッフは、店内への案内係、注文係、お茶係と役割が決まっていて、愛想も良く、サービスの質の高さはすばらしい。
そして最も気になる味ですが、鶏ガラでじっくり炊き出したスープの詰まった小籠包を、黄金律である黒酢3に対して醤油1のタレにつけ針生姜でいただくのです。
ちょうど良いボリューム感、味は脂っこすぎず、上品で豊か。思わずほほが緩みます。ぜひとも食べるべき一品です。
ただし、これで満腹にせずに、海老チャーハンも食べられる余力は残しておくこと。こちらもとてもおすすめの一品です。

続いて向かったのが、杭州小籠湯包。屋台からスタートし、今ではたくさんのメディアに取り上げられるまでにのし上がった実力店。
こちらは、こってり系。10時間以上炊き出した豚骨と鶏ガラを 5:5 の割合で作った濃厚スープに肉汁たっぷりでたいへんボリューム感がある。それでありながら料金は小籠湯包100元とリーズナブルでうれしい逸品です。

3軒目は京県棲(ジンディンロウ)。この店の小籠包は、しっかりと弾力のあるモチモチの皮が特徴。スープはコラーゲン豊富な豚皮と豚足を使用。ウーロン茶小籠包なる変り種もありました。

3軒食べ比べてみましたが、県秦豊が私のおすすめナンバーワン。ただし行列覚悟です。
ビールを飲みながら、ゆっくり食事をするなら杭州小籠湯包、モッチリ感が好きな人には迷わず京県棲をおすすめします。でもせっかくの訪台です。3店ともハシゴして食べ比べてみてください。


ノスタルジーを感じる。どこか懐かしい九份へ

九份遠景

■九份遠景

其山街

■其山街 両脇にはお菓子やお土産店がいっぱい

雑貨

■雑貨店も多くて楽しい

阿妹茶酒館

■テラス席もある最古の茶芸館 阿妹茶酒館

「悲情城市」

■映画「悲情城市」に登場した店もある

続いて、大人気の観光スポット九份へ。
台北からのアクセスは4つの方法があります。①直通バス ②電車とバスの乗り継ぎで 90〜120分。もっとも早く行くのが ③タクシーで40分。人数が多いなら、タクシーをチャーターしてしまうのも良いです。あとは ④旅行会社のオプショナルツアー。

九份は、宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」に出てくる湯婆の家のモチーフになったと言われている茶芸館があることで有名。実際に見ると非常に良く似ています。
九份は台北の東に位置し、山間にある小さな町。路地裏には日本統治時代に建てられた石造りの家がたたずみ、とてもノスタルジックな雰囲気の町。1893年に金鉱が発見され、ゴールドラッシュで沸いた町でもあるのです。

ここでの過ごし方は、レトロなお菓子屋や雑貨店が軒を連ねる其山街をブラブラ歩きながら、気になったお店でお土産を買い、お菓子を食べ歩く。こども時代に戻る感覚です。
この通りを進むと、両サイドには茶館がたくさんあります。気に入ったお店を見つけたら、淹れたてのお茶をいただき。ゆったり、まったりするのがおすすめ。

今回、私が選んだ茶館は山城創作坊。一階が茶器やお茶を売る店で、二階が喫茶室。窓際の席は眼下に広がる町を一望できるベストポジションです。
せっかく九份に行くのなら夕景を眺めるのがおすすめです。街中にある提燈が灯り、とてもいい雰囲気になります。まさにタイムスリップしたような幻想を覚えること間違いありません。

茶店

■山城創作坊
窓からの眺めがすばらしい


茶店

■お茶を入れていただく



台湾で泊まるなら

グロリアプリンスホテル台北・フロント

■グロリアプリンスホテル台北 フロント

グロリアプリンスホテル台北・ゲストルーム

■同 ゲストルーム

にぎやかな朝市

■にぎやかな朝市

何でも揃う朝市

■野菜も肉も魚も何でも揃う

豆乳と蛋餅

■豆乳と蛋餅、合わせて40元(約120円)

私はホテルを次のような観点で選んでいます。

①ホテルのサービス・設備 ②ホテルまでのアクセス ③ホテル周辺 です。
サービス・設備については、インターネットが無料かどうか、バスタブはあるか、部屋の広さ、セーフティーボックスはあるか、朝食付きかどうか、フィットネスジムやプールはあるかを確認するようにしています。ビジネスユースの場合、インターネットが無料かどうかは大事な要素です。ここ台湾の場合は、インターネットが無料のホテルが多いのですが、予約前に良く確認しておきましょう。有料の場合は、1日300円以上、場合によっては1,000円を超える場合もあるようです。
アクセスについては、タクシー料金が初乗り70元(約200円)と安いので、ホテルが駅周辺でなくても良いかもしれません。ただし、九份や高雄など鉄道を利用して向かう場所があるようならば、台北駅周辺を選ぶのが良いと思います。
3つ目のホテル周辺の様子については、朝食や夕食をホテルの外で取るのか、周辺を観光をしたいかなどの条件で選択が異なります。

今回私が泊まったのはグロリアプリンスホテル台北。日本のプリンスホテルグループと提携している老舗ホテルです。ベルマン、フロントすべて日本語が通じるので安心。もちろんインターネット無料で、バスルームも快適。フィットネスジムも完備。予定になくよい汗をかきリフレッシュすることができました。

ホテルが建つのは、林森北路と民生東路の角。最寄駅・隻連駅までは徒歩で7、8分。その駅近くの遊歩道沿いは朝市場が立ちます。野菜、果物、生肉だけでなく、洋服なども売っていて驚きました。たくさんの人でごった返していて活気があり、歩いているだけで楽しいところです。
少し歩くと文昌宮というお寺もあるのですが、孔子廟、龍山寺と並ぶ3大受験祈願のメッカとのことで、若い学生の姿も多く見受けられました。

そぞろ歩きで、正宗永和世紀豆乳大王という勇ましい名のレストランを見つけました。ここは豆乳がおいしい。ホット、コールド両方あり、すっきりしていてすごく飲みやすいのです。毎朝豆乳を飲む私でも、このすっきりした味わいは初めて。本当におすすめです。あわせて蛋餅(ダンビン)を注文するといいでしょう。溶いた小麦粉に卵と餅を混ぜて焼いたもの。朝食としてちょうど良いボリュームなのに、豆乳と蛋餅、合わせて40元(約120円)という安さ。ぜひ一度お試しください。

また、ホテルの半径100mにコンビニが4店、別にコーヒーショップも数店あって、まったく不便さを感じさせません。

そうそう、もしいま、台湾の人にお土産を持って行くならば「倍返し饅頭」が喜ばれるそうです。実は、ドラマ「半沢直樹」は台湾でも放送され、大人気とのこと。ある店が「ポイント倍返しキャンペーン」なるものを実施するかと思えば、テレビCMでは、なにかと「倍返し○○」を連呼しています。東京・赤坂でこのお饅頭を買うことを目的に来日する人もいるほどだそうですから。


■DATA
グロリアプリンスホテル台北(華泰王子大飯店)
住所:林森北路369号
URL:
www.gloriahotel.com

県秦豊 信義店
住所:信義路2段194號

杭州小籠湯包
住所:杭州南路2段17號

京県棲
住所:長春路47號

九份へのアクセス
台北から。復興南路1段152號前バス停から金瓜石行きバスで「九份」下車
所要時間:90分
運賃:102元


台湾元(「新台湾ドル」ともいわれる)レート:
1TWD=3.46円(2013.11.30現在)
▼最新の為替情報はこちらから
Exchange-Rates.org の 新台湾ドル/現在の通貨レート のページ


活気あふれる街に元気をもらおう のトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://blog.arukikata.co.jp/mt/mt-tb.cgi/122018

ページをシェアする

Pick UP! 記事

お薦めガイドブック

ダイヤモンド社 オンラインショッピング

spacer
お問い合わせ先一覧 | リンクについて | 運営会社と個人情報取扱について | 採用情報 | プレスリリース | このサイトについて
spacer
spacer
Copyright © GLOBE-TROTTER MEDIA PARTNERS Inc. © Diamond-BigCo., Ltd. All rights reserved.
spacer