編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > パリの真ん中に浮かぶ小さな島へ―。
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

パリの真ん中に浮かぶ小さな島へ―。

「地球の歩き方」編集部プロデューサー ジャン・ルイ・ザッキヤマ
パリはセーヌ川を中心に右岸と左岸に分かれて街が広がる。今回取り上げるのは、右岸でも左岸でもないセーヌ川に浮かぶ小さな島 サン・ルイ島について書かれた本・・・

「地球の歩き方」編集部プロデューサー ジャン・ルイ・ザッキヤマ

パリはセーヌ川を中心に右岸と左岸に分かれて街が広がる。
右岸と左岸で暮らす人々や街の雰囲気が異なるのは、旅していても感じられるはずだ。

今回取り上げるのは、右岸でも左岸でもないセーヌ川に浮かぶ小さな島。

Googleマップでサン・ルイ島を見る
■画像をクリックして移動や拡大が自在なGoogleマップを開き、サン・ルイ島を確かめよう

セーヌ川には、シテ島とサン・ルイ島という、ふたつの中洲の島がある。
「パリ発祥の地」ともいわれるシテ島には、多くの旅行者で賑わうノートルダム大聖堂やサント・シャペルがあるほか、最高裁判所や警視庁など重要な行政機関も多い。

一方、今回取り上げるサン・ルイ島は、これといった名所があるわけではなく、島の住人が穏やかに暮らす落ち着いた雰囲気に包まれている。

『地球の歩き方 A07 パリ&近郊の町 2015-16』では、教会や博物館のような見どころ物件のひとつとして「サン・ルイ島」を掲載。




サン・ルイ島は、東西約540メートルで、端から端まで歩いて10分もかからない。ややマニアックな、玄人好みの場所かもしれないけれど、この小さなサン・ルイ島は多くの魅力を、その内に秘めている。

島の外に出なければ迷うことがないので、気の向くまま散歩に出かけてみよう。

現在も17世紀の貴族の館が建ち並ぶのを見ることができるはずだ。ヴェルサイユ宮殿の設計を手がけたル・ヴォーの建築である邸宅(ランベール邸)が、この小さな島に存在していることなどは意外に旅行者に知られていない。

19世紀にセーヌ県知事のオスマンによって、パリの市街は大幅に改造されることになり、中世からの街並みは失われる。しかし、サン・ルイ島だけは奇跡的に無傷で残った。パリを旅していて目にする風景の多くは、実は19世紀以降のものだが、この島にはそれ以前のパリの姿を垣間見ることができるのだ。ただ、何も知らなければ見過ごしてしまうかもしれない。

ここに1冊の本がある。50年にわたってパリと東京を往復する生活を送ってきた、文筆家であり工業デザイナーでもある竹原あき子氏の『パリ、サンルイ島―石の夢』(2015年 合同フォレスト)だ。



この本以上に、詳しくそして温かくサン・ルイ島を語る本は、きっと日本にはないだろう。

この本を携えてサン・ルイ島を歩くと、それまで沈黙を守っていた「石の壁」が語り始めるから不思議だ。番地ごとに、かつてそこに暮らした人物や出来事が綴られており、ページをめくりながら歩を進めることに時間を忘れて夢中になれる。

また、島の住人インタビューがおもしろい。

旅行者に最も知名度の高いアイスクリーム屋「ベルティヨン」をはじめ、タバコ屋、パン屋、果物屋、酒屋、衣料品店、旅行書店まで、さまざまな商店の店主・店員さんが、この島を選んだ理由や島に対する愛を語る。著者がサン・ルイ島で10年がかりで築いた人脈なしには実現しないであろう取材内容に、ただただ脱帽してしまう。

島を愛する住人に会いに行きたくなる――。

次にパリを旅される予定のある方は、本書を持って、サン・ルイ島散歩に出かけてみるのはいかがでしょうか。もちろん、いつものお供 『地球の歩き方』 もお忘れなく。

■書誌データ

パリ、サンルイ島-石の夢
「パリの不思議という穴にアリスのように落ちた」不思議の島、サンルイ島。古い箱を開けたら、なかにはぎっしりと宝石が詰まっていた。パリと東京を往復して50年の著者が開いた、秘密の宝箱。

著者:竹原あき子
単行本:204ページ
出版社:合同フォレスト
ISBN:978-4772660556
発売:2015年11月


こちらも好きかも

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスの伝統お菓子〜総集編〜

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

クリスマスマーケットで心温まる冬のヨーロッパを体験

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

鳥の視点をリアルに実感 映画『アルプス天空の交響曲』

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

第20回 ホノルルハーフマラソン・ハパルア、いいです!

【読プレ】伊仏の鐘の音を感じる『矢島正明 声の仕事』

【読プレ】伊仏の鐘の音を感じる『矢島正明 声の仕事』

パリ10区の小さな奇跡 映画『バベルの学校』

パリ10区の小さな奇跡 映画『バベルの学校』