編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > 【青森・函館】地球の歩き方から、北海道新幹線開業で沸く青森・函館エリアの新刊が登場!
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

【青森・函館】地球の歩き方から、北海道新幹線開業で沸く青森・函館エリアの新刊が登場!

「地球の歩き方BOOKS 青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」制作担当:藪谷春菜
地球の歩き方BOOKSシリーズから新刊「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」が3月18日に登場しました!・・・

「地球の歩き方BOOKS 青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」制作担当:藪谷春菜

地球の歩き方BOOKSシリーズから新刊「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」が3月18日に登場しました!

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

北海道新幹線開通で沸く、青森・函館の「青函エリア」にはレトロな建物、教会、喫茶店、スイーツ、工芸品など、地元の人に愛されるおいしいもの、ときめくものがあふれています。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

夜景や海鮮のイメージが強い函館でチェックしたいのは、レトロな建物と風景。教会や公会堂はもちろん、古い建物を生かしたカフェやレストラン、日本最古の観覧車まで、懐かしい風景がたくさん残っています。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

函館で活躍するものづくり作家にも注目を。独自の世界観で素敵な作品が作られています。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

食べ物も、もちろんはずせません。函館はバル街発祥の地。新鮮な素材を生かした洋食はもちろん、ていねいに作られるスイーツやチーズも味わってみたい逸品がそろっています。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

りんごで知られる青森には、春にはりんごの花、秋にはたわわにりんごの実がなった りんご畑をたくさん見かけることができます。弘前では、とれたてのりんごを使用したアップルパイが、パン屋さんやお菓子屋さんでたくさん作られているのでぜひ食べ比べを。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

美しい工芸品が数多く残るのも青森の特徴。こぎん刺しやあけびやぶどうの籠、津軽びいどろなど、暮らしに取り入れたい作品を探しに出かけたい。

「青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」

弘前には、函館同様、童話に出てきそうな洋館や昔ながらの喫茶店などノスタルジックな建物が数多く残るので、街歩きも楽しいエリアです。

海を隔てながら、ゆるやかに文化がつながる青森と函館。その魅力をライターの江澤香織さんの視点で紹介した1冊。見逃せないスポットをこの本と一緒に再発見する旅へ、ぜひ出かけてみてください!

■DATA
「地球の歩き方BOOKS 青森・函館めぐり~クラフト・建築・おいしいもの~」
建築、教会、喫茶店、スイーツ、バル、工芸品など、地元の人に愛されるおいしいもの、ときめくものを、クラフトや食に強いライターが紹介する青森・函館の紀行本。

著者:江澤香織
判型:A5 本文:144ページ
定価:1300円+税
ISBN:978-4-478-04869-6

こちらも好きかも

【北海道】大好評のハンディ版で登場★「地球の歩き方MOOK 北海道の歩き方2018」

【御朱印本の新刊誕生】CHIEさんプロデュース オリジナル御朱印帳プレゼント!

【御朱印本の新刊誕生】CHIEさんプロデュース オリジナル御朱印帳プレゼント!

【新刊登場】2017年は御朱印をあつめて幸せになりませんか!

【新刊登場】2017年は御朱印をあつめて幸せになりませんか!

夏の特別イベント「マレーシア&シンガポール プラナカン展」8月5日(金)~7日(日)、日本アセアンセンターで開催!

夏の特別イベント「マレーシア&シンガポール プラナカン展」8月5日(金)~7日(日)、日本アセアンセンターで開催!

【Twitter】イベント「#この夏どこ行く」ウィークを開催します♪

【Twitter】イベント「#この夏どこ行く」ウィークを開催します♪

【北海道】大好評のハンディ版で登場★「地球の歩き方MOOK 北海道の歩き方2017」

【北海道】大好評のハンディ版で登場★「地球の歩き方MOOK 北海道の歩き方2017」