編集部TOP > 地球の歩き方編集部・取材&日記 > フランス文化香るカナダ第二の都市 モントリオール
地球の歩き方編集部・取材&日記
地球の歩き方編集部による、取材レポートや日記ブログ。海外旅行ガイドブックの改訂や新刊の制作に向けて、スタッフが現地を旅して発見した最新・おもしろい・お得なネタをご紹介。裏/B面ネタもあり?!

フランス文化香るカナダ第二の都市 モントリオール

『地球の歩き方 B18 カナダ東部』担当 グルーポ ピコ 田中健作/
「地球の歩き方」稲井雅之 
モントリオールは、かつてのフランス植民地の中心であり、現在でもフランス系カナダ人が住民のほとんどを占める。人口は380万人を数え、カナダではトロントに次ぐ第2、フランス語圏としてもパリに次ぐ世界第2の都市となっている・・・

『地球の歩き方 B18 カナダ東部』担当 グルーポ ピコ 田中健作/「地球の歩き方」稲井雅之 


<モントリオールはこんなところ>

カナダの東海岸から内陸部へ流れるセント・ローレンス川の中洲にひらけたモントリオールは、かつてのフランス植民地の中心であり、現在でもフランス系カナダ人が住民のほとんどを占める。人口は380万人を数え、カナダではトロントに次ぐ第2、フランス語圏としてもパリに次ぐ世界第2の都市となっている。

街は新市街と旧市街に分かれており、近代的な新市街には最新のファッションからレストラン、シアターなどが並ぶ。一方、旧市街にはフランス統治時代の歴史的な建物が残り、ユーロッパの古い都市を思わせる。



Ph01

モン・ロワイヤル公園からの眺め。メープル街道の拠点でもあり、秋には美しい紅葉がみられる


Dsc_0256モントリール市庁舎 広場に向かって建っており多くの人々が訪れる


Ph02

街の看板や標識はフランス語が多い



<モントリオールの見どころ>

観光スポットの多くは、歴史的な旧市街に集中している。絶対に見逃せないのは、モントリオール出身の歌手・セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも有名なノートルダム聖堂。ふたつの鐘楼を持つネオ・ゴシック様式の建物で、内部に一歩入るとその優雅な色彩に圧倒されてしまう。黄金の祭壇は青い光により彩られ、美しいグリーンをしたヴォールト天井とともに幻想的な姿を見せてくれる。

旧市街のほかにも、街の由来となったモン・ロワイヤル公園やモントリオールの下町、プラトー・モン・ロワイヤルなど、おさんぽするのが楽しいエリアがたくさんあるのも、モントリオールの特徴だ。


Ph03

モントリオール最大の見どころ、ノートルダム聖堂


 

Dsc_0268平日でも多くの人々が訪れるジャック・カルティエ広場。洒落たビストロや人気のジェラートショップ、みやげ屋が並び、奥にはフェリーターミナルがある


Ph04

螺旋の外階段が特徴的なプラトー・モン・ロワイヤル



<地元で人気のお店>

モントリオールには、今や街の名物と言って過言ではないB級グルメがある。それは、スモークミートとベーグルだ。スモークミートといえば、食事時には行列することも珍しくない名店「シュワルツ」が有名。秘伝のタレに漬け込んだスモークミートは柔らかく、ひと口かじればじわりと肉汁が広がり絶品。

ベーグルの人気店はいくつかあるが、昔ながらの味を守り続ける老舗「フェアモント・ベーグル」がイチオシ。どちらの店もプラトー・モン・ロワイヤルから徒歩圏内にあるので、おさんぽがてら訪れてみるといい。

 ほか、本場顔負けのフランス料理を提供するフレンチレストランやビストロ、各国料理まで選択肢は多彩。カナダを代表する“食の都”を思う存分堪能しよう。


Dsc_0181

シュワルツ(Schwartz's)テイクアウトが可能で朝8時からオーダー可能。 店内で食べられるのは10時間半から


Dsc_0209_2

シュワルツ(Schwartz's)の人気メニュー、スモークミート。9.35ドル(約¥785)で味わえるB級グルメ


Dsc_0213

店内は広くないので、開店と同時にすぐ一杯になってしまう


Dsc_0308

フェアモントベーグル(Fairmount Bagel) 24時間営業している


Dsc_7092


Dsc_0310プレーンやごま、ケシなど十数種類の味があり、選ぶのに迷うほど



<夜はジャズバーでしっとりと>

夏には国際ジャズフェスティバルが開催されるモントリオールは、カナダでもジャズが盛んな街として知られている。いくつかあるジャズバーに行けば、フェスティバルの期間外でもジャズのステージを観ることができる。たいていのバーではフードメニューも用意してあるので、ジャズの演奏を聴きながら食事をとれる。落ち着いたジャズをバックミュージックに、しっとり大人な夜を過ごしてみては?

また、モントリオールでは最近クラフトビールが人気で、自慢の自家製ビールを味わえるマイクロブリュワリーが次々とオープンしている。新市街にある「ブルートピア」はそんなマイクロブリュワリーの先駆けともいえる店。酵母が活きた濃厚なビールを、ケベック生まれのB級グルメ、プティンと一緒に召し上がれ。


Ph07

人気のジャズバー「ハウス・オブ・ジャズ」


Ph08

おいしい地ビールを楽しもう


■データ

モントリオールを詳しく知るには
 ⇒『地球の歩き方 B18 カナダ東部』 (2016年3月発行)

<カナダ観光局>カナダシアター http://canada.jp/
取材日:2016年4月
※価格はカナダドル表示です。1ドル=約84.1円(2016年6月8日現在)

こちらも好きかも

世界一チケットが取りづらい音楽フェス「Tomorrowland」のチケットが発売!

世界一チケットが取りづらい音楽フェス「Tomorrowland」のチケットが発売!

サイパンへのリゾートバカンスに利用したい♪進化するデルタ航空の最新情報をお届け!

島旅シリーズ第10弾制作中
相島に行ってきました!

オペラ『ドン・ジョヴァンニ』の世界観をモーツァルト自らがなぞる。
全編プラハロケの映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』は12月2日より!

【新刊登場】関西の開運神社で御朱印集め、はじめてみませんか?

オレンジに染まる砂漠、青の町、ピンクシティ☆
モロッコで色彩の絶景を巡る♪